越後長岡 赤くないお赤飯

すてっぷ通信№6でご紹介した、醤油味のお赤飯です。

わがふるさと、新潟県の長岡周辺でしかこのお赤飯は食べられていないと、大人になって知りました。

私がそうだったように、長岡の人の多くは、お赤飯といったらこれだと思っているのでは?

金時豆がごろごろ入っていて、お醤油の風味、普通のお赤飯もおいしいですが、またひと味違ったがおいしさです。

母は蒸し器で作っていましたが、炊飯器のおこわモードで炊いてみました。

金時豆は、一袋のうちの一部分をお赤飯に、残りは甘煮にしてジップロックで冷凍(凍りきらないうちに袋の上からもんでばらばらにする)。おやつに、箸休めに、お弁当に、便利です。

醤油味のお赤飯

材料:もち米 2合  金時豆 60粒くらい(水煮) (A 醤油 薄口・濃口各大さじ1 酒 大さじ1 みりん 大さじ2 砂糖大さじ1)ゴマ(お好みで塩)

 

① 金時豆は一晩水につけ、たっぷりの水でゆでます。IMG_0416IMG_0421②米は、洗って30分~1時間おき、ざるにあげます。IMG_0418

③Aの材料を合わせて電子レンジで1分間チンして水と合わせて2カップにしておく。

④炊飯器に②の米と①の金時豆、③をおこわモードの水加減まで入れて、おこわモードで炊く。(おこわモードがなければ普通の炊き方で大丈夫だと思います。)

IMG_0422

たきあがったところIMG_0425⑤後炊けたらすぐにバットなどにひろげてさます。(炊飯器に入れたままにしておくとべちゃっとしてしまいます。)IMG_0428⑥ゴマ(お好みでごま塩)を振ってできあがり!IMG_0437ついでに作った金時豆の甘煮。IMG_0441

UA-52307845-3