撮影機材の修理と更新

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日は夕方に調子の悪いレンズやスピードライトをサービスセンターに持ち込んで、見てもらうつもりです。撮影で使う機材は問題なく動作してくれないと困りますので、ちょっとでも不調を感じたら早めに修理しておかなければなりません。

銀座のニコンサービスセンターに行くのですが、私が銀座に行く用事はこれくらいしかないのです。銀座のお店にはまったく馴染みがありませんし、新橋まで歩けば分相応の居酒屋もあるでしょうが、カメラやレンズを持っているのでいつも寄り道しないで帰ってきます。

写真販売や卒園アルバムのシステム開発・改良に常にお金がかかっていて、なかなか新しい撮影機材を購入する余裕がありませんが、D700やD300Sの古いボディは予備機としても心許なく、ほとんど出番がなくなっています。あまり使わないカメラが置いてあっても意味がないので、仕事で使える新しいカメラが1~2台あれば安心でしょう。

ニコンプロフェッショナルサービス(NPS)で代替価格で購入できるので、その相談もしてこようかと思いますが、「NPS代替価格サービス」というのは、D700→D850、D300S→D500というように、同ランクの新しいモデルを割引で代替購入できるサービスです。値引きになってもD850は30万円くらい、D500なら15~20万円くらいはかかるのではないかと思うので、悩むところではありますね。