ご挨拶

2008年7月1日、私が生まれ育った川崎市で、地域の皆さまに愛される会社を作りたいという願いを込めて、川崎市制記念日の7月1日に株式会社ステップを設立しました。会社を設立したと言っても、自宅の四畳半の部屋に電話とインターネットの回線を引き、私のデスクとPCとモノクロプリンターを設置しただけのスタートでした。「保育園や幼稚園を対象にした写真撮影・販売事業を行う」ということが決まっているだけでしたので、まずはお客さまを開拓することが日々の仕事でした。「株式会社ステップ」という社名には、一歩一歩コツコツと頑張っていこうという思いを込めたので、最初に作った名刺には「step by step」と書いてあったと思います。

カラーのコピー用紙にモノクロ印刷でご案内のチラシを作り、川崎の7区(川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区)と横浜の隣接4区(鶴見区、港北区、都筑区、青葉区)にあるすべての保育園、幼稚園を訪ねてみました。5周もすればきっと利用してくださる園もあるはずだという、楽天的な発想でスクーターを走らせる毎日でしたが、先生とお話をする中でたくさんの発見がありました。まず、ほとんどの幼稚園には昔から馴染みの写真屋さんが入っていること、そして反対に保育園からはカメラマンを依頼しようと考えたこともなかったとか、先生や保護者会の写真係が手作業で写真販売を頑張っている苦労話も伺いました。

先生方とお話をさせてもらう中で、どのようなサービスを提供したら喜んでいただけるのか、ご案内の内容が進歩していったからこそ、地道な歩みでしたが着実にお客さまが増えていったのだと思います。今では「嶋さんがリュックを背負って訪ねてきた頃が懐かしいわね」と初期の頃に仕事を依頼してくださった園長先生に言っていただきますが、何かに取り憑かれたように営業に走り回った創設期なくして、今の会社はなかったと思いますし、どこの馬の骨かもわからないご案内を信用してくださった保育園、幼稚園を裏切らないように、必死に誠実に仕事に取り組んだ姿勢は、今の「ふぉとすてっぷ」のスタッフに引き継がれているはずです。

「ふぉとすてっぷ」は今年10周年の記念すべき年を迎えました。スクールフォト業界に参入してくるライバル会社さんも増え、ますますお客さまにご提供するサービスの質が問われることになるでしょう。10周年の年に向けて、私たちもシステム系の会社さんと比べられて慌てないように、写真販売や卒園アルバム制作のシステム開発に力を入れました。先にサービス提供を始めた「卒園アルバム工房」に続き、この4月から「ふぉとすてっぷマイページ」をリニューアルしました。お子さまの写真を楽しみにしている保護者の方々にとって「見やすく」「使いやすく」「安心感のある」販売サイトになるよう、奇をてらわず基本機能を重視したシステムになったと自負しています。

すでに「ふぉとすてっぷ」をご利用いただいているお客さま、これから出会う多くのお客さまに愛される会社になれるよう、次の10年に向けて「ふぉとすてっぷ」は進化を続けて参ります。末永くご愛顧いただきますよう、心よりお願い申し上げます。

2018年4月1日
株式会社ステップ 代表取締役 嶋 雅明