卒園アルバム写真のレタッチ作業

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

ふぉとすてっぷが提供している「卒園アルバム工房」の一番の売りは何ですか?と問われたら、それは入稿作業時に行う「写真の色味・明るさ補正処理です」と自信をもって答えます。それくらい「写真の色味・明るさ補正処理」は、卒園アルバムの品質に影響する大事な作業だと位置づけています。

卒園アルバムに使用される写真の質は様々ですが、どうしてもコンパクトカメラで撮影した写真が多くなります。室内で撮影したかなり暗い写真や、部屋の照明の関係で色かぶりしている写真、ピントが合っていない写真もあります。それでもできるだけ修正し、全体の明るさを揃えると、アルバムの見栄えは大きく変わるのです。

今はコロナの影響で「販売する写真」がほとんどなく、卒園アルバムの入稿作業が主な仕事になっています。その写真がアルバムの中でどのくらいのサイズで使用されているかも考慮してレタッチするのですが、現状では普段の写真販売のレタッチ作業より、かなり時間がかかっております。

卒園アルバム代金からアルバムの印刷・製本費用を差し引いた「粗利」はそれほど多くないので、利益を上げるためには「レタッチ処理」の時間を短縮するしかありません。しかし今はできるだけ多くのスタッフが「卒園アルバム写真のレタッチ作業」を行えるようにしようと取り組んでいるので、まだ採算性ばかりこだわるわけにもいかないのです。

「高度なレタッチを短い時間で行うスキル」を多くのスタッフが身につけてくれるよう、頑張って欲しいと思います。