本物のリーダーは引っ張らない

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

この週末に河合太介書『本物のリーダーは引っ張らない チームをつくる4つの感情スイッチ』という本を読み終えました。インターネットの広告で何となく興味を持って、電子書籍で購入していたのですが、電車ででかける時に少しずつ読んでいて、昨日、一気に読み終えました。

細かい内容には触れませんが、会話調の内容でとても読みやすく、会社でよくありそうなことで、上司の対応として「実際にはできていないこと」が具体的に出てきます。私に当てはまることがとても多く、大いに反省させられました。

スタッフにどうこう言う前に自分が変わらなければいけないと痛感させられたので、今日から「自分を変えるぞ!」と決意して出社しました。「当たり前のことをぶれずにやり続ける」ためには、できていない自分を自覚し、常に意識していることが必要だと思うので、この本を時々読み返しながら、チャレンジしていきます。