「このメールに返信されても、返信内容の確認およびご返答ができません」

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

とても気持ちの良い朝ですね。爽やかな空気を感じながら自転車で出勤しました。先日の土曜日は保育園の親子遠足が多く予定されていたのですが、お天気が早めに回復してくれたため実施できたところが多かったです。いくつか延期や中止にしたところもあったのですが、少し時間を遅らせたりすれば開催できた可能性もあり、ちょっともったいなかったですね。近所の小学校でも運動会が行われ、今日小学校は代休日なので、出社時の風景がいつもと違いました。

さて、先週「ふぉとすてっぷマイページ」からの自動返信メールに
このメールに返信されても、返信内容の確認およびご返答ができません。
弊社へのお問い合わせは、お問い合わせフォーム、メール またはお電話でお願いします。
というような文面を追加しました。

商品を購入したときに届くメールによく記載されている文面ですが、初めはあえて載せなかったのです。自動返信メール用のメールアドレスを使用しているのは事実ですが、「送信専用」ということではなく、もちろん「受信」もできます。お客さまがこのメールにご連絡をくださっても見つけられるだろうと考えていたからです。事実、事務スタッフは毎日すべてのメールをチェックし、漏れがないように努力してくれているのですが、私がこのアドレスにご連絡をくれていたお客さまのメールを見落としていたことを発見しました。

やはりチェックするアドレスが多くなるのは見落とす原因になるなと思いましたし、事務スタッフの負担が少しでも減ればいいということで、上のような文面を加えさせていただきました。目立つようにとメールの冒頭に入れてみたりしたのですが、さすがに邪魔くさいので、今はメールの最後に記載されています。