『陸王』最終回見ましたか?

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨夜はTBS日曜劇場『陸王』の最終回でした。第1話から毎週楽しみに見ていました。後半、ちょっと間延びしている感じがした回もありましたが、ラスト2話はとてもよかったです。ドラマとは言え、零細企業を経営している者として、勇気や元気をもらいました。

最終回で印象に残った台詞を紹介します。こはぜ屋の買収を断られたフェリックスの御園社長(松岡修造)が、新たに業務提携案で3億円の融資(5年の返済期間)を提案する時の台詞。

「こはぜ屋さんにもリスクを背負ってほしい。リスクのないところにビジネスはない」

こはぜ屋の宮沢社長(役所広司)が御園社長の提案を社員に相談する時の台詞。

挑戦しなけりゃ、負けもなければ勝ちもない。何一つ成長せずにただ生き延びたって、そんなの意味がない。俺は勝負したい。このこはぜ屋を守るためには挑戦するしかないんだ。

本当の負けっていうのは挑戦するのをやめたときだ。守りたいんだ。こはぜ屋と陸王を!そのためたら俺は死に物狂いで働く。だからどうか、みんなの力を貸してほしい!

やっぱり私はこういう直球の話も好きなんだなとつくづく思います。「ふぉとすてっぷ」のスタッフにこんなに熱く語る自信はありませんし、なかなかドラマのようなシチュエーションにはなりませんが、心には熱い想いを秘めて頑張ろうと思います。