ふぉとすてっぷの歩み

2008年7月1日
株式会社ステップ設立
地元川崎で愛される会社にしたいという思いで、川崎市制記念日の7月1日に設立。株式会社ステップという社名には、地道にコツコツ、一歩一歩前進していこうという決意を込めた。
会社は自宅の4畳半の部屋に電話とインターネット回線を引き、PC1台とモノクロプリンター1台からスタート。
2008年7月~2009年3月
初代の写真販売システムを開発している間に、連日、川崎市7区(川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区)と横浜市隣接4区(鶴見区、港北区、都筑区、青葉区)にあるすべての保育園、幼稚園に営業活動を続ける。5周すればきっと開拓できるはずと信じていた。
2008年度は、7つの保育園で「卒園・進級記念のクラス写真」を、4つの保育園で「卒園式」を撮影、販売。
2009年4月~2010年3月
以前に父親が事務所に使っていた部屋を間借りし、机とPCを増やしてパートさんを雇う。写真販売システムが完成し「インターネット写真販売」を開始。
2009年度は、保育園(12)、幼稚園(1)の他、スポーツクラブ等(4)の行事を撮影。
2009年11月には事務所を川崎市多摩区長尾1-17-6 ラ・プラタ2Fに移転。
2010年4月~2011年3月
保育園への営業活動の中で、先生方が撮影した写真の販売について相談を受けるようになり、カメラマンが撮影するだけでなく、先生方が撮影した写真の販売も始める。先生方や写真係の負担軽減につながるサービスは好評で、サービスをご利用いただく保育園、幼稚園が増えてきた。
開業当初に資本金をつぎ込んで開発した「インターネット写真販売システム」だったが、利用者数が増えるに伴い、システム設計上の限界が明らかになり、写真販売システムの変更を決断。
新しいシステムを開発する時間も資金もなかったため、写真業者向けにすでに販売されていた「インターネット写真販売システム」をカスタマイズして、2010年9月に初代「ふぉとすてっぷマイページ」が誕生。写真の販売準備作業は飛躍的に改善した。
2010年度、写真販売のお取り引きは、保育園(51)、幼稚園(4)、その他(4)
2011年4月~2012年3月
保育園とのお付き合いが広がってきた。安定して撮影を委託できる契約カメラマンも増え、日程が重なる行事にも対応できるようになってくる。
写真販売を行っている保育園、幼稚園から卒園アルバム制作に関する問い合わせが増えてきたことを受け、卒園アルバム事業の準備を開始する。
2011年度、写真販売のお取り引きは、保育園(73)、幼稚園(5)、その他(3)。
2012年4月~2013年3月
「ふぉとすてっぷの卒園アルバム」を立ち上げ、銀塩プリントで作るフォトブックを活用した卒園アルバム制作事業を開始。
少部数から制作できることと「ふぉとすてっぷ」が扱っている写真を卒園アルバムに利用できることを強みに、「ふぉとすてっぷ」で写真を販売している園から「卒園アルバム制作」が始まる。
2012年7月に、現在の川崎市多摩区宿河原2-44-40 ミツモリビルディング1Fに事務所移転。
2012年度、写真販売のお取り引きは、保育園(93)、幼稚園(6)、その他(5)。
2013年4月~2014年3月
それまで社長と1名の社員カメラマンの他は、パートスタッフの力で業務を行っていたが、2013年に初めて新卒採用に取り組み、3名のカメラマンを正社員として採用する。(2013年度中はアルバイトとして研修)
保育園、幼稚園、カメラマンとの撮影の打ち合わせや営業活動等の業務を社員カメラマンが行えるように会社組織を整えていった。
同時にパートスタッフの正社員化に取り組み、「ふぉとすてっぷ」が新たな段階を迎えた。
2013年度、写真販売のお取り引きは、保育園(109)、幼稚園(7)、その他(4)。
2014年4月~2015年3月
2014年度は「ふぉとすてっぷ」のホームページ等のWebサイト制作に力を入れ始める。
カメラマンやデザイナーと一緒にwebサイト制作セミナーに参加し、2014年6月にはスタッフブログ「すてっぷCafe」サイトを立ち上げた。
データをダウンロードで購入したいというニーズに応えるために「すてっぷBOX」のサービスを開始し、お客さまが購入したデータを「すてっぷBOX」経由でお渡しできるようになった。
また、ある経営セミナーで講師の話に刺激を受け、2014年10月31日に「社長ブログ」を開設し、会社の営業日は必ず更新すると誓いを立てる。
2014年11月に「会議室件倉庫」として事務所ビルの2階に部屋を借りる。
2014年度、写真販売のお取り引きは、保育園(143)、幼稚園(8)、その他(7)。
2015年4月~2016年3月
2015年度はスタッフや契約カメラマンが増える中、「シニアフォト」「証明写真ネット」等の新規事業を模索・検討するが、事業立ち上げには至らなかった。
それらの取り組みを通して、本業にしっかりと軸足を置いて仕事をする大切さを学んだ年になった。
写真を購入してくださるお客さまに少しでも「ふぉとすてっぷ」を身近に感じていただきたいという思いで、2015年8月1日、写真と一緒にお客さまにお送りする「ふぉとすてっぷ通信」を発行。
2015年度、写真販売のお取り引きは、保育園(166)、幼稚園(10)、その他(4)。
2016年4月~2017年3月
2010年からお客さまに使っていただいている「ふぉとすてっぷマイページ」のカスタマイズを進めた。掲載終了になった過去の写真を購入するために用意していた「写真再掲載ページ」をなくし、通常のマイページ内で「再掲載写真」も閲覧・購入できるようになった。
スタッフが増え、業務の作業効率を上げ、生産性を高めていくことを考えるようになり、「保育園・幼稚園」と「契約カメラマン」と「ふぉとすてっぷ」をつなぎ、業務を管理するシステム作りの検討を始める。
「ふぉとすてっぷ通信システム」は2016年11月から稼働開始。また、写真サンプル制作のスピードアップのために新しい「オンディマンド印刷機」を導入。
「卒園アルバム制作ツール」の開発に着手する。
2016年度、写真販売のお取り引きは、保育園(194)、幼稚園(10)、その他(5)。
2017年4月~2018年3月
2017年4月、2名の新卒社員を迎え、業務分担を一新。「カメラマンが撮影した写真」と「先生方が撮影した写真」とで担当部署を分けた。
事務所が手狭になり、広い事務所に引っ越す決断も付かないまま、スタッフがデスクを共用して業務をしていたが、隣の部屋の会社が転居することになり、急遽事務所の拡張を決断。
会社スペースが広くなるので、銀塩プリント機「ノーリツQSS-3704G」を購入し、2017年6月より自社プリントに切り替える。
自社プリント化に伴い、受注からプリントまでの業務を連携させるために、新しいシステム開発を開始する。
2017年6月に、「卒園アルバム工房オフィシャルサイト」をオープンし、9月に制作ツール「卒園アルバム工房」をリリースする。卒園アルバムは印刷タイプの本格的な仕様に絞り、フォトブックタイプの卒園アルバムは生産をとりやめる。
2017年度、写真販売のお取り引きは、保育園(235)、幼稚園(10)、その他(6)。
2018年4月~
2018年4月「ふぉとすてっぷマイページ」をリニューアルオープン。社内業務も受注からプリント、発送までをシステムで一元管理できるようになった。「ふぉとすてっぷマイページ」で直接データのダウンロード購入ができるようになったため、「すてっぷBOX」のサービスを終了する。