計画運休の内容は?

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

国土交通省は、今年7月にまとめた指針で、48時間前に運休の可能性、24時間前に詳しい運休計画を示すのがモデルケースとしていたそうです。その指針に従って、昨日は運休の可能性について発表がありました。そして今日のお昼頃には、JRと私鉄各社から詳しい運休計画が発表されることになっているようです。

台風の動きを見ていると、数日前の予想より少し遅れていて、12日(土)~13日(日)にかけた夜中に関東に上陸するのではないかと見られています。さて、そうだとすると12日(土)の午前中に体育館で予定している運動会を開催するか、中止するかの判断は悩ましいことになりそうです。

昨日、ある保育園の園長先生と話したのですが、電車が動かなければ中止にして、動くなら短時間で開催しようかと考えているとおっしゃっていました。いずれにしても今日の運休計画発表の内容によって決定することになりますから、暴風の影響をどの程度重視するかによって、運休開始の時間が決まることになるのでしょう。

今日の午後は、この連休中に予定している運動会について、漏らさず確認し、カメラマンさんへの連絡もきちっと済ませて明日に備えることになります。