多肉植物|一番キレイな季節がやってきました

一月になって、かなり寒い日が増えてきましたね。
こんな寒い時期、実は以前ご紹介した多肉植物が、一番キレイになる季節なのをご存じでしょうか?
雑貨店や、花屋さんの店先によく置いてある多肉植物。
かわいい器に植えられていたりすると、つい室内のちょっとした所に置きたくなってしまうのものです。
でも、思い切ってこの寒空の下に出してみてください!
この辺の関東一帯なら、大抵のものは大丈夫です。

じつは、かなりの種類の多肉植物は、紅葉するんです。
真夏にはほぼ全てが緑一色になるのですが、秋ごろから春先にかけて色々な色に染まっていくのです。

こんな黄色や
DSC06044
こんな赤から緑へのグラデーション
DSC06043
緑の先が真っ赤になるものも
DSC06045

この季節の育て方

この季節のポイントは、あまりお水をあげない事です。
水が少ない方が、キレイに色づきます。

多肉植物はもともと、葉っぱに一杯水を貯めこむのですが、
この季節は生育もかなり緩やかになるので(半分休眠状態)
12月に入ったら月に一回くらいで十分です。
あんまり水をあげすぎると、根が腐ってしまうこともあります。

そして、キレイに色付かせたい場合は
日光が良く当たる屋外に出してみてくださいね。
日中でもマイナスになるような地域では、室内に入れてあげた方が良いですが、
ここ関東一帯ではほぼ、外で大丈夫です。(雨にガンガン当たらないように要注意ですが)
2月の終わり、少し暖かくなるまではこんな感じです。

私もあまり増えてきたので先日、友人にあげるために色々小さいのを詰めてみました。
DSC06042
まだ下手くそですが、カラフルに詰められるくらい、我が家の小さいベランダに色んな種類が増えてきました。

またボチボチ、多肉情報更新してまいります♪

UA-52307845-3