社長ブログ

ふぉとすてっぷ|社長のブログ

「ふぉとすてっぷ」のスタッフは偉い!!

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

ここのところ、配達・回収の仕事を一手に引き受けていたので、限られた時間で事務仕事をこなしていました。それはそれで忙しい感じがしていたのですが、昨日は一日中PCに向かって、運動会ビデオのチェック作業を行ったら、ヘロヘロになってしまいました。

改めて、一日中PCに向かって仕事をしている「ふぉとすてっぷ」のスタッフたちに敬意を表したいと思いますし、11月の行事もかなり写真の販売準備が進んだので、撮影日から2週間で販売開始というテンポにもうすぐ戻れそうです。

一方、事務スタッフの皆さんは、写真の受注からプリント作業やお客さま対応など、一つひとつ丁寧にスピーディに進めているので、保育園に写真を届けると「もう出来たんですか。超特急ですね。」と喜ばれています。

自分で言うのもどうかと思いますが、私も仕事が好きで働き者だと思っていますが、性格上、一つのことを黙々と作業するのは苦手で、やらなければならない仕事を書き出して、焦りながら一つずつ片付けていったり、外に出て人と交わる仕事が向いているなと改めて思いました。

今日は、「卒園アルバム工房」と新しい「ふぉとすてっぷマイページ」のシステム制作の打ち合わせや、お客さまの保育園に伺う仕事を済ませてから、昨日のビデオチェックの続きをします。今日は外にも出ますし、いろいろやらなければならないので、昨日よりは疲れないはずです(笑)。

明日も仕事が入っていて休めないのが残念ですが、金曜日なので頑張ります!。

新しいレーザープリンターを購入しました

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日、お客さまへの「写真販売のお知らせ」等をプリントしているキャノンのモノクロレーザープリンターが壊れました。以前にも修理を問い合わせたら修理代のほうが高かった記憶があったので、潔く新しいプリンターをネットで購入したところ、今日中に届くようです。とても便利でありがたいですが、運送業者は大変なご苦労をされているのでしょうね。激しい競争の中、運送業者のドライバーさんたちには相当な負担がかかっているのだと思います。

プリンターが壊れた時は「何故この忙しい時期に・・・」と一瞬思いましたが、昨日もフル稼働でプリントしていたので「忙しい時期だから」壊れたのでしょうね。冷静に考えたら、もう5年以上、毎日、毎日稼働していたのだから、よく働いてくれたと思います。この機種は生産終了になっていたので、もう1台のレーザープリンターと同じ機種を購入しました。今日届く新しいプリンターも5年以上頑張ってほしいものです。

モノクロレーザープリンターはブラザーとキャノンを使ったことがありますが、これはあくまで私見ですが、キャノンのほうが印刷もきれいで長持ちしたので、モノクロプリンターはこれからもキャノン製を使うと思います。ちなみにサンプルシートやビデオのジャケット等のカラープリントは、富士ゼロックスのオンディマンド印刷機、カメラはキャノンではなくニコンです(笑)。

アナログ世代とデジタル世代

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

12月1日(金)に「ふぉとすてっぷ」のホームページをこれまでより高性能なサーバーに移設しました。もう10日以上経過しており、DNS(Domain Name System)の浸透も終了していると思いますので、ホームページを見てくださっているお客さまは、新しいサーバーにアクセスしているはずです。「以前よりページの表示が速くなった」と感じておられる方がいらっしゃればうれしいのですがいかがでしょうか。

ホームページにしても、お客さまにご利用いただいている「ふぉとすてっぷマイページ」「卒園アルバム工房」「ふぉとすてっぷ通信システム」などのシステムにしても、問題なく表示されたり動くのが当たり前になっているので、突然アクセスできなくなったりすると本当に慌てます。先日も「卒園アルバム工房」「ふぉとすてっぷ通信システム」のサーバーがダウンして慌てましたが、どうしてインターネットでホームページが表示されるのかという根本的なことがよくわかっていないままに、日々、このブログを書いたり、ホームページを更新したりしているのですから困ったものです。

私は小学校の高学年の頃からオーディオが好きで、弟と一緒にお年玉を貯めてTRIOのオーディオシステムを買いました。「TRIO」というブランドをご存じの方はなかなかのオーディオ好きだと思いますが、かつて国産オーディオ御三家は「サン・トリ・パイ」と言われました。SUNSUI(山水電気)、TRIO(トリオ・現KENWOOD)、PIONEER(パイオニア)の3ブランドですが、他にもオーレックス(東芝)、テクニクス(松下電器)、オットー(三洋電機)、ローディ(日立)、ダイアトーン(三菱)、ソニー、オプトニカ(シャープ)などなど、各社がオーディオ専用ブランドで販売していましたから、電気屋さんでパンフレットを山ほど集めては買えるはずもないのに楽しんでおりました。

どうして急にオーディオの話になってしまったかというと、レコード盤にホコリがついていれば「プチプチ」と雑音が入りますし、回転数を間違えれば妙な演奏になります。音量を0にしても針に耳を近づければ音が聞こえますから、子どもでもレコード盤を針でこすって音が出ているのだなとわかりました。それでもどうしてこんなにきれいな音が出るのか不思議ではありましたが、アナログ時代は原理がイメージしやすかったな~と言いたかったのでした。

レコードからCDに変わった時、どうしてこの銀色の盤面から音が出るのかまったく理解できませんでしたが、生まれたときからデジタルの中で生きている若者たち、子どもたちは、あまり不思議に思わないのかもしれません。それが良いことなのか、悪いことなのかは別にして、技術がどんどん進歩していく中、我々中年世代も頭を柔軟にして対応していかなければならないのでしょう。

「嶋」という名前(文字)の話

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日は妙なタイトルで失礼します。「嶋」について何を書くのかというと、「嶋(しま)」という名字は珍しいというほどではないと思いますが、「田中さん」「斉藤さん」「鈴木さん」などと比べれば明らかに少ないですし、同じ「しま」でも「島」「志摩」「嶌」「四万」などいろいろな字があり、数では「嶋」は「島」の次に多いでしょうか。

こんなことを書こうと思ったのは、保育園や幼稚園に写真を届けて「納品書」にサインをもらう時に、あらかじめ担当者欄に「嶋」と書いてあり、サイン欄に「ここにサインをください」とお願いすると、「同じ嶋ですね。私は嶋○ですけど・・・」というような会話になることがよくあるからです。ここ最近でも2~3回あったので、皆さん「嶋」という文字に何かしらの愛着を感じているのかな~と思っているのです。

古い話で恐縮ですが、私の小学校、中学校時代には「しま」という名前は兄弟しかいなかったと思うのですが、高校に行ったら同学年に「しま」が3人いてビックリしました。3人とも男子で運動部でしたが、二人は「島くん」でした。特に1年生の時は剣道部の「島くん」と同じクラスで、英語の授業で先生が私のことを「another shima」と呼んだことを今でも根に持っているのです(笑)。だから昨日も「同じ嶋ですね。私は嶋田ですけど・・・」と言われた時に「高級なほうの嶋ですよね」などという返事をしてしまいます。すると先生は「えぇ、字数が多いほうの嶋です」と、とてもまっとうな言い方をされていました(笑)。

「しま」という名前で得しているな~と思うのは、名前を覚えてもらいやすいことです。私のほうはどんどん記憶力が怪しくなり、「こんにちは、嶋さん」と言われても相手の名前が出てこなくて慌てることが多いのですが、覚えてもらえるというのはやはりありがたいことだなと思います。

サーバーがダウンしてご迷惑をおかけしました

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

12月9日(土)の15:49に「卒園アルバム工房」「ふぉとすてっぷ通信システム」に関係するサーバーがダウンし、データのアップロード等ができない状態になっていました。会社が休みだったため、12月10日(日)の朝、カメラマンさんの出発を確認しようとして「ふぉとすてっぷ通信システム」にアクセスできないことに気づいたので、かなりの時間、回線が切断されたままになっておりました。写真の閲覧購入のシステムには影響がありませんでしたが、大変ご迷惑をおかけしました。

12月10日(日)の9:42に回線は復旧しましたので、「ふぉとすてっぷ通信システム」は問題なくご利用いただけるようになりました。ただ、「卒園アルバム工房」のほうは、12月8日(金)に新バージョンをリリースしたばかりなので、不具合の原因がどこにあるのかの確認のため、日曜日でしたがシステム会社と連絡を取っておりました。

この週末に「卒園アルバム工房」の不具合に関するご連絡をお二人の方からいただいたのですが、原因は「サーバーのダウン」ではなく「新バージョンのリリース作業」にあったようです。昨夜の22:00頃には正常に動作するようになりましたが、「卒園アルバム工房」に関しては、新しい機能を追加したのでまだバグが残っていると思います。皆さまに安心してご利用いただけるように、一つひとつ根気よく修正していくしかありません。

今日は集合写真撮影に出かけます

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

ここ2ヵ月ほど、配達・回収業務はほとんど私がしているので、先生方から「社長さん自ら大変ですね」と声をかけていただきます。「社内が忙しいので、こき使われていますよ~」と笑って答えていますが、「園やカメラマンとの撮影の打ち合わせ」「写真のレタッチと販売準備」「受注処理」「写真のプリントと発送処理」等々、弊社の業務の中で、もはや私が手を出したら皆の足を引っ張ってしまうことばかりになりました。

何でもやっていた数年前と比較すると、「かなり会社らしくなったなぁ~」と感慨深いものがありますね。そのような状況の中で「配達・回収業務」は、まだまだ私が一番道に詳しいし、各園とのご挨拶も兼ねられるので、私が行うメリットが多い業務なのです。

今日はこれから横浜の金沢区まで出かけて「クリスマス礼拝の記念クラス写真撮影」を行います。3クラスの集合写真を撮るだけの仕事なので、「それくらいなら任せてください」と引き受けましたが、「さすが嶋さん」と言ってもらえる写真を撮れるよう頑張ってきます。今日も撮影後は配達をしながら帰ってくることになりますが、遅刻できないので、執筆はこれくらいにして出発したいと思います。

現在の写真販売状況

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

現在の写真販売の進行状況をお伝えします。10月の運動会の写真は、件数と撮影枚数のどちらもが大量なため、どうしても販売準備に手間と時間がかかってしまいます。通常の時期は、撮影日から2週間以内に販売するのですが、現在は1ヵ月以上お待たせしており、まだその状況が改善できておりません。

10月に開催された運動会の写真は、他の販売写真との関係であえて販売を見合わせているところが若干ありますが、ほぼ販売が開始されていますし、10月末の「ハロウィン」の写真もだいたい販売にこぎ着けました。11月に行われた行事の写真は、これからどんどん販売準備を進めていきますので、年末までには12月前半の行事まで販売できるのではないかと思います。

先生方が撮影した写真のほうは、データをお預かりしてから1週間で販売というお約束を維持できています。「園経由」で販売している保育園は、当然年内に注文を回収し、できるなら写真も渡してしまいたいでしょう。だんだん時間がなくなり、年末までに注文を取りきって終わりというところも増えてくると思いますが、お互いに気持ちよく年を越したいので、年末ギリギリまで可能な限りご希望に沿えるよう頑張ります。

カメラマンさんへの撮影料と交通費のお支払い

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日、大論文を書いたので(笑)、今日は簡単に書きます。

ふぉとすてっぷでは、お客さまの保育園、幼稚園や、撮影の仕事をお願いしている契約カメラマンの方々に「ふぉとすてっぷ通信システム」を使ってもらっています。特にカメラマンさんは、撮影案件の打ち合わせはもとより、撮影当日の「出発報告」「到着報告」「終了報告」の送信や、撮影データのアップロードと請求書の発行・送信まで、この「通信システム」を使って行ってもらいます。

昨日は11月の撮影料と交通費の振り込み手続きをする日だったので、昨日の朝までに「請求書」を送信していただくようお願いしていました。11月に「ふぉとすてっぷ」の仕事をしてもらったカメラマンさん全員が、期日を守って請求書を「発行・送信」してくれたので、振り込みの手続きがとてもスムーズにできました。カメラマンの皆さん、本当にありがとうございました。

先月は、運動会撮影が非常に多く、カメラマンさん自身も忙しいのに加え、社内のスタッフも非常に忙しく、カメラマンさんがアップロードしてくれた写真の「検収作業」が追いつかない事態になっていました。その影響もあり「請求書の発行・送信」がなかなか終了しないために、5日連続で振り込み手続きを行うなど、支払い業務がなかなか完了できずに苦労したのですが、今月は非常にスムーズに処理できました。

今後も社内の「検収作業」をしっかり行うようにしますので、「請求書の発行・送信」をカメラマンの皆さんが期日を守って実行していただきますよう、よろしくお願いいたします。

冷静に、落ち着いて、慎重に・・・

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

本当は、まだまだフロンターレの優勝の感動にひたっていたいのですが、今朝、何気なくテレビのニュースを見ていたら、日本が敵基地を攻撃できるミサイルを購入するというような報道をしていて「おいおい!」と思ったので、今日は時事問題について真面目に書きます。

いわゆる「北朝鮮の脅威(狂気)」についてですが、私は「トランプ大統領の脅威(狂気)」のほうがもっと心配ですし、そのトランプ大統領と100%一致すると言ってはばからない「安部首相の脅威(狂気)」も心配です。配達をしながらラジオを聞いているといろいろと考えさせられるので、ラジオや新聞やネットニュースで得た情報から自分なりの考えをまとめてみようと思いました。

北朝鮮のミサイルがワシントンに届くと言って大騒ぎしていますが、日本はとっくに射程圏内にあるのですから、今更、日本をはるかに飛び越えていくミサイルの心配をしても仕方がないと私は思います。その心配はアメリカの人たちがすればいい。私たちが考えなければならないのは、アメリカに絶対に戦争を起こさせないことです。

もしアメリカが北朝鮮を攻撃したら、日本は大変な被害が出ますから、臆病者と言われようが何と言われようが、政治家や官僚の方たちは絶対に戦争を起こさせないことに力を注いでほしいと熱望します。日本からミサイル攻撃できるようにするなどというのは論外だと思いますし、そんなミサイルを購入するお金がどこにあるのでしょうか。

先日、北朝鮮のミサイルを迎撃しない日本に対して「侍の国なのにだらしない」みたいなことをトランプ大統領が言いましたが、そんな挑発に絶対に乗ってはいけない。日本が上空を通過するミサイルを迎撃したら北朝鮮は当然反撃しますし、アメリカに「日本を守るため」という北朝鮮を攻撃する格好の理由を与えてしまいます。

しかも「日本を守るため」の戦争ということになれば、自衛隊がもっとも危険な最前線に行かされるかもしれませんし、戦費も日本に負担させるかもしれない。トランプ大統領はビジネスの能力に長けていますし、自国での支持率につながると思えば、それくらいへっちゃらでやってのけるのではないでしょうか。

新聞で「今の日本人は半径5メートル以内のことにしか関心がない」というようなコラムを読み、思わず苦笑いしてしまいました。全世界、日本全国とは言わないまでも、自衛隊員やその家族、原発や基地の近くに暮らす人々のことをちょっと考えれば、「北朝鮮をたたきつぶせ」みたいは物騒な発言はできないと思うのですが・・・。ネットのニュースを見ていると「ネトウヨ」と呼ばれる人の意見に時々遭遇しますが、「過激」は良くないです。

私も時々慎重さを欠いて失敗しますが、緊迫した事態の時こそ、「冷静に、落ち着いて、慎重に・・・」が大事なのは間違いない。「ミサイル保有は抑止力」という考え方もありますが、百歩譲って「使わない武器」に大金を投じる金銭的余裕が借金だらけの日本にあるとは思えません。

川崎フロンターレ 優勝おめでとう!

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

12月2日(土)は、息子と等々力の歓喜の中におりました。「最後まで奇跡を信じて」と言えばかっこいいですが、鹿島アントラーズの引き分け以下が条件だったので、正直なところ、ともかく勝利をつかみ取ってほしい、「せっかく鹿島が引き分けたのに・・・」というような結末だけは勘弁してほしいという気持ちで等々力へ向かいました。

その日は「陸前高田ランド冬」というイベントをやっていて、蒸し牡蠣やたこ丼などをおいしくいただくこともできました。そうして待ちに待ったキックオフです。試合が始まると得点が入る度に息子と抱き合い、まわりのサポーターとハイタッチを交わし、鹿島の状況をスマホで確認し・・・、いつもとは違う落ち着かない状況の中訪れた歓喜の瞬間には、恥ずかしながら涙が止まりませんでした。

これまで、何度となくタイトルの壁に跳ね返されてきました。「どうしてここで勝てないかな~」と肩を落としたのも、一度や二度ではありません。でも今年の戦いぶりは、特に後半戦になるほど「粘り強く」「ぶれずに」「サボらずに」胸熱くなるサッカーを見せてくれましたし、私も高校生までサッカーをやっていたので、彼らが目指しているサッカーのスタイルの素晴らしさはわかるつもりです。今年は本当に「川崎フロンターレ」の戦いぶりからエネルギーをもらっていました。

「ふぉとすてっぷ」を起業したとき、地元に愛される会社になりたいという思いで、勝手にフロンターレにあやかってイメージカラーを「ブルー」にしました。今のホームページは少し控えめになっていますが、この「社長ブログ」や「パンフレット」もいつも基調の色は「ブルー」です。

また、今年はこのブログを見て、川崎フロンターレの広報の方がわざわざ声をかけてくださいました。私としてもいつか堂々と「サポートしたい」と言えるような会社にしたい気持ちがあります。来年の10周年にそんなことができるようになれば最高ですが、そのためにも「ふぉとすてっぷ」も「粘り強く」「ぶれずに」「サボらずに」頑張ります。