2017 12月

ふぉとすてっぷ|社長のブログ

2017年を振り返る③

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日は2017年の「仕事納め」で「ブログ収め」。このブログも「毎日書く!」と決めて以来3年2ヵ月、会社の営業日は一日も欠かさず書いてきて、今日は今年最後の記事です。

「2017年を振り返る③」ですが、3番目の大きな変化は会社が広くなったので決断した「写真プリントの内製化」です。インターネットの普及に伴い、ネットプリントが伸長し、町の写真屋さんが苦境に立たされています。ネットプリントの価格競争を支えるため、地方にある工場で集中して大量の写真をプリントし、日本全国へ発送されるようになっていますから、「写真プリントは安いところに外注して、発送までしてもらう」という方向にシフトしている同業他社さんが増えていると思います。

「ふぉとすてっぷ」は開業以来のお付き合いで「それほど安くない(笑)」業者にプリントを外注してきました。長年のお付き合いなので、もっと安いところからのお誘いはお断りし、ずっとお付き合いをさせていただきました。しかし「写真プリントの内製化」を決断した以上、いよいよ長年のお付き合いが終わることになります。今年の5月にそのご挨拶に行きましたが、急なことだったので申し訳ない気持ちがありましたし、しかし一方で銀塩プリント機を購入したのに外注を続けるわけにもいかず、6月から完全に内製化にシフトしたのでした。

お客さまがプリントの印画紙にどれほど関心があるのかわからないのですが、「ふぉとすてっぷ」ではお付き合いの業者さんに富士フイルムの高級ペーパー「EVER BEAUTY PAPER」でプリントしてもらっていました。今年、富士フイルムさんが値上げをしたため、プリント代の値上げもお願いされていたタイミングだったので、「ふぉとすてっぷ」では「EVER BEAUTY PAPER」と同品質の「三菱グレースカラーペーパー MG-1000」に変更しました。その頃「印画紙の話」という記事も書いています。

そんな経過で大きな借金をして購入した銀塩プリント機は毎日たくさんの写真を焼いています。お客さまのご注文を処理してプリント機にデータを飛ばし、プリントした写真を袋詰めしていく作業はスタッフの仕事なので、プリントの量が多いと忙しいのは人ですが、超高級車が買えてしまうような高い機械なのですから、せっせと働いてくれないと困ります。

銀塩プリント機 ノーリツ QSS-3704G

 

2017年を振り返る②

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨年、今後の業務拡充を見通して新しいパートスタッフを募集したところ、とても素敵な方々がたくさん応募してくださいました。予定より多数のスタッフを採用することができ、スタッフの人数も一気に増えたのですが、その分会社が手狭になっておりました。一人ずつに同じ机とPCを使ってもらうことは不可能になり、あいているPCを交代で使ってもらったり、ノートPCも増やして、写真の袋詰め等の作業台でもPCでの入力作業をしてもらったりしていました。

「すぐには難しいけれど、2年くらいのうちには、もっと広い事務所に引っ越さないといけないな」「それでも引っ越しは大変だし、お金もかかるだろうな」「お隣の会社さんが引っ越したりしないかな?」などと考えたり、妄想していた時、びっくりするタイミングで不動産屋さんから「お隣の会社さんが広いところに引っ越すことになったから、大家さんがまずふぉとすてっぷさんに聞いてみてほしいと言っていました」と連絡がありました。

これは決断しなければならないと腹をくくり、今の事務所の隣の部屋と裏の部屋を借りることにし、裏の部屋との間の壁は抜けるというので、今の事務所も広くすることにしました。間口も広がったのだからと、大きな看板も設置しました。府中街道沿いなので、けっこう目立つようで「ふぉとすてっぷさんの会社の場所がわかりましたよ」と保育園や幼稚園で声をかけられるようになりました。

これは余談ですが、いつの間にか「GoogleMap」のストリートビューが更新されていて、今はちゃんと看板が写っています。

 

 

2017年を振り返る①

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

いよいよ、業務日はあと3日となりました。10年目に突入した2017年は「ふぉとすてっぷ」にとって大きな節目となる年だったと思いますので、今日から3日間、2017年を振り返ってみようと思います。

昨年の今頃はどうしていたのかな~と思い、このブログの記事を見返してみましたが、ちょうど「保育園」「幼稚園」「契約カメラマン」に使っていただく「通信システム」がまもなく完成という時期だったのですね。「保育園」「幼稚園」との連絡や販売データの受け渡しを効率的にするために「通信システム開発」に着手したのが昨年でした。より効率的に仕事が行えるようにしたいと「システム化」に力を入れ、その流れで「卒園アルバム工房」や新しい「ふぉとすてっぷマイページ」の開発につながっていったのですが、今日は「卒園アルバム工房」について書きます。

「ふぉとすてっぷの卒園アルバム事業」は、もともと「ふぉとすてっぷ」で写真を販売している保育園、幼稚園に向けたサービスとして始めました。「デザイナー仕上げ」を打ち出し、従来の「切り貼り制作」よりおしゃれで洗練されたデザイン性を売りにしました。保育園の場合、卒園児が少人数のケースも多いので、少部数制作に対応するため、「印刷」ではなく「フォトブック」として制作する「写真タイプ」の卒園アルバムとしてスタートしたのでした。

入稿された原稿をもとに、「ふぉとすてっぷ」のデザイナーがレイアウトを作っていくので、手前味噌ではありますが完成度は高く、卒園アルバムの仕上がりにはご満足をいただいていたと思います。しかし、問題もありました。

まず、お客さま側から見た問題点として、数多くの背景デザイン、写真枠が用意されているのはいいのですが、それらをどのページに使うかを決め、写真枠の中にどの写真を使うかの指示を出さなければなりません。完成形のイメージがつかみづらいので、「背景と写真枠に写真を当てはめたイメージが見えるといい」というご意見はたくさんいただいておりました。

そして「ふぉとすてっぷ」側の問題点は、部数が少なくてもデザインを作るデザイナーの作業はページ数によって決まるので、どうしても制作コストがかかってしまうことでした。わかりやすく言うと、お客さまに喜んでいただける良い物はできたのですが、利益が出ないのです。

上の2つの問題を解決するために、お客さま自身でデザインを作り上げていく「卒園アルバム制作ツール」を開発することを決めました。当初は2017年6月末のリリースを予定していましたが、開発に取り組むと様々な欲も出てしまったのと、システム的に解決しなければならない難しい課題が目白押しで、結果として「完全版リリース」は半年も遅れてしまいました。

「完全版」と言っても、細かい機能を正確に動かす上でシステムの微調整は引き続き行わなければなりません。それでもようやくリリースできた卒園アルバム制作ツール「卒園アルバム工房」ですから、2018年には、しっかり宣伝して大きく育てていきたいと思います。

 

『陸王』最終回見ましたか?

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨夜はTBS日曜劇場『陸王』の最終回でした。第1話から毎週楽しみに見ていました。後半、ちょっと間延びしている感じがした回もありましたが、ラスト2話はとてもよかったです。ドラマとは言え、零細企業を経営している者として、勇気や元気をもらいました。

最終回で印象に残った台詞を紹介します。こはぜ屋の買収を断られたフェリックスの御園社長(松岡修造)が、新たに業務提携案で3億円の融資(5年の返済期間)を提案する時の台詞。

「こはぜ屋さんにもリスクを背負ってほしい。リスクのないところにビジネスはない」

こはぜ屋の宮沢社長(役所広司)が御園社長の提案を社員に相談する時の台詞。

挑戦しなけりゃ、負けもなければ勝ちもない。何一つ成長せずにただ生き延びたって、そんなの意味がない。俺は勝負したい。このこはぜ屋を守るためには挑戦するしかないんだ。

本当の負けっていうのは挑戦するのをやめたときだ。守りたいんだ。こはぜ屋と陸王を!そのためたら俺は死に物狂いで働く。だからどうか、みんなの力を貸してほしい!

やっぱり私はこういう直球の話も好きなんだなとつくづく思います。「ふぉとすてっぷ」のスタッフにこんなに熱く語る自信はありませんし、なかなかドラマのようなシチュエーションにはなりませんが、心には熱い想いを秘めて頑張ろうと思います。

 

今夜は「忘年会&送別会」

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今夜は会社の「忘年会&送別会」です。圧倒的に多い女性スタッフの意向を踏まえて、登戸にある「ヒッコリーファーム」というイタリアンレストランで開催します。私は何度か利用していますが、とてもよい雰囲気の美味しいお店です。

「送別会」というのは、社員カメラマンの吉田紗代子が本日をもって退社するのです。吉田、菊地、畠山の3羽カラスが「ふぉとすてっぷ」の新卒採用第1期生で、サヨはその中のリーダーとして4年間近く頑張ってくれました。私としては、彼女は細かいことに気を配れるし、発見も出来るので、場数を踏みながらよりたくましいリーダーになってほしいと期待していました。正直残念ではありますが、おめでたい話もあるようですし、今後もジャンルは変わっても「カメラマン」の仕事は続けていくと聞きましたので、彼女のこれからを応援して、明るく送り出したいと思います。

さてさて、年末はこんな感じなのですね。先日のブログで「毎日少しずつクリスマス礼拝のビデオ編集をやっていこう」と調子よく書きましたが、他の仕事が次々と沸いてきて手をつけることができていません。社員カメラマンも他の仕事が多くて、自分が撮影してきた写真の整理が出来ないときによくぼやいていますが、同じ気持ちでしょうね。

 

「卒園アルバム工房」は新技術「超光沢仕上げ」を導入!

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日、「ふぉとすてっぷ」が卒園アルバムの制作で提携している印刷製本会社の社長がご来社になり、うれしい報告をいただきました。

保育園が増え、少部数の卒園アルバム制作の需要が大きくなってくる中、少部数印刷の卒園アルバムのクオリティ向上を研究してきて、新しい技術が完成したのです。それは名付けて「超光沢仕上げ」。これまでのニス加工に変わる新技術で、サンプルのアルバムを見せていただきましたが、光沢だけでなく各ページのしなり具合も上品で、まさに1タンク上の仕上がりでした。上から水性マジックで書いても拭けば消えてしまうようです。

さてさて、そうとなれば、私たちももっと「大宣伝」をしなくてはいけません。現在、ご要望いただいたお客さまにお届けしている「卒園アルバム工房」のサンプルアルバムは、かなり急いで作った部分もありますし、旧来の「ニス加工」仕上げなので、急ぎ、新しい原稿を制作して「超光沢仕上げ」の「サンプルアルバム」をつくります。また、ホームページの修正や新しいチラシを作ったりと、やらなければならないことがたくさん出てきました。

制作ツール「卒園アルバム工房」はすでにご利用いただいているものの、まだまだ「細かなバグ潰し作業」が残っていますし、今はカメラマンさんから写真のデータをアップしてもらうのと同じ回線を使って、お客さまから入稿してもらっているので、もっと太い別回線を用意するのも直近の課題です。

ビデオ撮影も同じですが、提携している会社さんに力強く支えていただいていることを改めて肝に銘じ、「ふぉとすてっぷ」「卒園アルバム工房」の2ブランドをしっかり成長させなければいけないとつくづく思います。

来年がチャレンジの正念場

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨夜は税理士さんとの月1回の面談日でした。いつも経営のことはしっかり考えて仕事をしているつもりですが、数字を目の当たりにすると気が引き締まります。昨夜は一睡もできなかった・・・などと言えば、真剣さが伝わるでしょうが、しっかり眠れてしまいました。

スタッフや契約カメラマンの待遇を維持、向上させながら、経営を安定させるためには、利益を増やし削れる経費は削る努力が必要ですが、まだまだ甘いな~と痛感させられます。「売り上げアップ」=「利益アップ」にならないのが辛いところで、その課題を乗り切るために、もっともっと考えなければならない。決して楽観はしていませんが、今年は大きな設備投資をしスタッフも増やしたので、今の戦力が有効に生かされ、収支が好転するために、よく考えながらチャレンジしていきます。

今年をチャレンジの年と位置づけていましたが、チャレンジの正念場は来年になりますね。

久しぶりのビデオ収録と編集作業

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

先週末に古いお付き合いのキリスト教の保育園で「クリスマス礼拝」のビデオ収録をしてきました。今年度から「ふぉとすてっぷ」のビデオ撮影は「株式会社文京映像」様と提携しており、販売価格は昨年までより高くなりましたが、事前の下見や打ち合わせも丁寧に行い、安定した作品をお届けできています。

でもこの保育園だけは、ビデオ収録の合間に集合写真撮影を行うのでスチールのカメラマンも必要ですし、私も年に1~2回は「ビデオ編集作業」をしていないと編集ソフトの使い方を忘れてしまうので、毎年私一人で伺ってビデオ収録と集合写真撮影をしているのです。保育園の先生からは「社長じきじきにすみませんね」と歓迎していただきますが「人件費の節約です」と正直にお伝えしています。

昨日、夕方の時間に、収録した映像を編集ソフトに取り込みました。今回は3台のビデオカメラを使って収録したので、それらの映像を取り込んだ時にカメラごとにタイムラインを合わせる作業が必要です。先生の挨拶などを利用して、言葉の切れ目のわかりやすいところを探して、その部分で合わせるのですが、映像と音声がコンマ1秒ずれただけでもとても違和感が出てしまいます。昨日はその作業まで終わらせたので、今日から「カット割り編集」に入れます。

私自身が収録した映像なので「カット割り編集」は比較的スムーズに、ストレスなくできると思いますが、今日は今年度中に写真をお届けする分の「注文回収」をする日なので、会社に戻ってくるのは夕方近くになってしまいます。先日のブログにも書きましたが、一日中同じ仕事をするのは苦手なので、毎日1~2時間ずつ編集作業を重ねて、12月中にマスターデータまでは完成させたいというのが今の目標です。

今年もあと2週間

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

いよいよ今年もあと2週間となりました。今年の冬期休業は12月29日(金)~1月4日(木)までの1週間とさせていただきますが、カメラマンは(土)(日)に撮影に行った分の振替休日が消化できていないので、12月28日(木)も休みます。そうすると、実際に仕事ができるのはあと8日となりますので、本当にいよいよラストスパートですね。

「ふぉとすてっぷマイページ」での写真閲覧はお休み中でも可能ですが、写真のお届けを「園経由」で行っている保育園などは、年末までに写真をお届けするか、もしくは年末までに写真代金は回収するかのどちらかになります。今週の予定では、明日12月19日(火)に年内に写真をお届けする分の注文回収を行い、来週の12月27日(水)に写真のお届けと代金の回収に回る予定です。もちろん、それ以外の日も多少は動く必要があると思いますが、年末は他の仕事も忙しいので、できるだけこの2日間に集中させたいと考えております。

お客さまの幼稚園、保育園に送る年賀状も急ぎ作りたいと思っていますし、何やらにわかに慌ただしくなってきた感がありますが、今日は細かな仕事を片付けたいと思います。

「ふぉとすてっぷ」のスタッフは偉い!!

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

ここのところ、配達・回収の仕事を一手に引き受けていたので、限られた時間で事務仕事をこなしていました。それはそれで忙しい感じがしていたのですが、昨日は一日中PCに向かって、運動会ビデオのチェック作業を行ったら、ヘロヘロになってしまいました。

改めて、一日中PCに向かって仕事をしている「ふぉとすてっぷ」のスタッフたちに敬意を表したいと思いますし、11月の行事もかなり写真の販売準備が進んだので、撮影日から2週間で販売開始というテンポにもうすぐ戻れそうです。

一方、事務スタッフの皆さんは、写真の受注からプリント作業やお客さま対応など、一つひとつ丁寧にスピーディに進めているので、保育園に写真を届けると「もう出来たんですか。超特急ですね。」と喜ばれています。

自分で言うのもどうかと思いますが、私も仕事が好きで働き者だと思っていますが、性格上、一つのことを黙々と作業するのは苦手で、やらなければならない仕事を書き出して、焦りながら一つずつ片付けていったり、外に出て人と交わる仕事が向いているなと改めて思いました。

今日は、「卒園アルバム工房」と新しい「ふぉとすてっぷマイページ」のシステム制作の打ち合わせや、お客さまの保育園に伺う仕事を済ませてから、昨日のビデオチェックの続きをします。今日は外にも出ますし、いろいろやらなければならないので、昨日よりは疲れないはずです(笑)。

明日も仕事が入っていて休めないのが残念ですが、金曜日なので頑張ります!。