2017 1月

ふぉとすてっぷ|社長のブログ

新しいスタイルを築いていく勇気

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日まで13人のスタッフと個別面談をしてきて、いよいよ後半戦です。スタッフと話し合うことで現状の問題点やこれからの課題が見えてきて、私の脳みそも動き出すのでとても大事な時間です。人や組織は常に動いているので、この状態が100%ということはあり得ず、常に何らかの矛盾や問題があり、それを改善していこうと新しい課題に向かっていくしかないのでしょう。今日は社内の中心メンバーとの面談でよりエネルギーが必要になりますが、集中して有意義な話し合いをしたいと思います。

会社の歴史を振り返ると、数人のスタッフで運営していた段階から、少しずつスタッフが増え、業務形態が整っていきました。そして今、次の段階にあがるために「これまではよかったやり方」を見直して「新しいスタイル」に作り替える必要があることを痛感しています。具体的なことは中心スタッフと話し合いながら決めていくことになりますが、一度できあがっているものを組み直すのは、楽しみでもあり、ドキドキもしますね。今、朝の音読で読んでいる『幸せになる勇気』がまもなく読了しますが、私もスタッフを信頼し「勇気」を持って進めていきたいと思います。

有言実行!?

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今朝、会社に来て新聞を見ると、1面トップに『米入国禁止 混乱拡大』とありました。「難民受け入れの凍結やシリアなどイスラム圏7カ国からの移民禁止を決めたトランプ大統領の大統領令のため、米国行き航空機への搭乗や米国への入国を拒否された人が28日夜までに計約280人に上った」そうです。入国禁止には国際的な批判もあり、大統領令の正当性が問われることになると思います。でもあえてシンプルに見れば、トランプ大統領が選挙で勝ったことは事実ですし、大統領になって、選挙で公約していたことを次々に実行しているだけとも言えます。

私たちは政治家が『選挙で公約したことをちゃんとやらない』ことに対して寛容というか、政治家なんてそんなものと思っていたかもしれません。国民受けの良い経済政策はうまくいかず、それでも「道半ば」ということで失敗はしていないらしい。そして選挙では触れなかったぶっそうな法律が次々と出てきて強行されていく。それでも相変わらず内閣支持率は高いので「国際政治は難しいのだから政府に任せておきなさい」ということになるのかもしれませんが、どうなっていくのか心配です。

 

特殊封筒印刷

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

去年の11月にオンディマンド印刷機を導入しました。そのおかげで、写真サンプルシートの印刷精度やスピードがあがりましたし、DVDやブルーレイのジャケットの印刷もこちらの機械を使うようになりました。DVDのジャケットはこれまではインクジェットプリンターを使い、きれいにプリントできていましたが、耐久性ではオンディマンド印刷機のほうが勝っているはずです。

今日はご無理を言って朝8:30に富士ゼロックスの方に来ていただくことになっています。今日に限らず、これまでも何かあるとすぐに駆けつけてくださる担当者ですが、今回は特殊なタイプの封筒印刷を行う必要があり、そのサポートに来ていただくことになりました。いつもご無理ばかり言って恐縮しておりますが、連絡がすぐにとれ、可能な限り早くご対応いただけることは、本当に助かっております。ここまで書いたところでいらっしゃったので、もう公開してしまいます。

「妄想」の日々

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日から来週の水曜日まで、スタッフ個別面談を行います。先日このブログにも書きましたが、スタッフの皆さんには面談に向けて話すことを考えてきてもらうので、有意義な話し合いができることを期待しています。

「ふぉとすてっぷ」の今後の歩みについては、ふと気がつくと「妄想」を巡らせていることが多く、様々なイメージが思い浮かんではいます。今回の面談からも新しいアイデアが生まれるかもしれません。今は「妄想」でも、それを現実の形にしていきたい。そこには勇気がいりますが、決して歩みを止めたくないと思っています。

現実的な課題ですが、4月から9月を上半期、10月から3月を下半期とすると、上半期の仕事をどのように進めていくかが大事です。保育園・幼稚園も年度初めはなかなか落ち着かないため、行事も少ないし、先生方も写真を撮っている余裕がないのでしょう。スタッフが増えている中、「暇な時期」にスタッフの手が余ってしまうということにならないようにしなければなりません。

例年、5月くらいになると仕事が落ち着いてきてしまうので、今年はその時期にどんな仕事を進めていくか、まだまだ「妄想」を続けます・・・。

消費税の話

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨夜は税理士さんに来ていただき、第9期の財政状況を説明してもらいました。第8期に比べれば第9期はかなり頑張ったと思います。契約カメラマンさんの費用は年々上昇していますが、増えていく撮影案件に対応できる体制を整えていくために、優れたカメラマンさんに「ふぉとすてっぷ」の仕事を頑張っていただきたいので、削ることができない費用です。契約カメラマンさんにかかる費用以外でも、「ふぉとすてっぷ」の経費の中で高い比率を占めるのは「人件費」ですが、これは業務の性格上はじめからわかっていることなので、設備投資も頑張って、スタッフがよりよい仕事ができる環境を整えていきたいと思います。

さてさて、今日は「消費税」について書こうと思って出社しました。消費税には「中間納付」という仕組みがあって、来月にはかなりのまとまった金額を納めなければなりません。それにしても「消費税」は中小零細企業にとって、とてもきつい税制だとつくづく思います。輸出大企業さんなどは「消費税還付金」という名目で、税務署からお金が入ってくるというのですから、何とも不公平ではありませんか。ト○タ自動車は(○をつける意味がないですね)「消費税還付金トップ」ということですが、愛知県豊田税務署は入ってくる消費税よりもはるかに多い消費税を還付するので赤字なのだそうです。

形式上はト○タ自動車も仕入れ先や下請け企業に消費税を支払っていることになっていますが、力関係で原価を下げさせるケースもあるでしょう。下請け企業や仕入れ先が苦労して税務署に納めた消費税を「還付金」として受け取れる仕組みは、どうにかならないものでしょうか。儲かっているのですから、還付金の受け取りをご辞退くだされば国の財政に貢献できるのにと思ってしまいます。

「ふぉとすてっぷ」もできるだけ消費税別でご請求するように努力していますが、現状では価格に転嫁できていない部分もまだまだあります。特にメイン商品の「写真プリント」は消費税が5%から8%にあがる時にも価格を据え置いているので苦労しています。「消費税」の仕組みが今のままで税率だけが10%になったら、中小零細企業や消費者は本当に大変ですが、輸出大企業さんはますます「消費税還付金」が増えますね。何とも矛盾に満ちた世の中です・・・。

スタッフ面談

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

年末にできなかった「スタッフ面談」は1月に行いますと宣言していたにもかかわらず、1月もあとわずかしかありません。スタッフの人数が増えており、面談の時間もかなりかかると思いますので、いよいよ準備をして取りかからなければならないと慌てています。

例年より一人あたりの時間を短くする必要があるので、意思の疎通がスムーズになるよう、あらかじめ話したいことを考えてきてもらいたい。そのために、事前にスタッフに渡すお手紙を準備しようとひらめきました。この後、早速お手紙づくりに取りかかって、早く面談の日時を決めなければなりません。スタッフの方々が日頃どのような気持ちで仕事をしているのか、新しく入った方々はどんなことを感じているのか、いろいろと話してみないとわからないことが多いですから、有意義な時間となるようにしたいものです。

 

 

PCの再設定作業

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日の夕方、私のPCが修理から戻ってきました。CドライブもSSDになっていますし、メモリも増設したので、きっと「できる子」になって帰ってきたと思いますが、今はまっさらの赤ちゃんのような状態です。昨夜、取り急ぎメールを受信できるようにはしましたが、PCを修理に出す前の状態に戻すためには山ほどの作業をしなければなりません。先週の金曜日にバックアップは丁寧にとってあるので、落ち着いて作業をすれば大丈夫だと思いますが、せっかくの機会なので長年の仕事を通してとっ散らかっていたデータフォルダを整理し、アイコンで埋め尽くされていたデスクトップもスッキリさせたいと思います。

早く通常の業務ができるようにしたいので、今日は朝からPC設定にとりかかることにします。妙なトラブルに遭遇しないことを願いつつ・・・。

ブルーレイが再生できない

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

「ふぉとすてっぷ」では写真撮影・販売だけでなく、ビデオの撮影・販売も行っています。ビデオについては専門業者と提携、協力して取り組んでいますが、最近「ブルーレイが再生できない」という声が時々届きます。調べてみるとブルーレイが再生できないケースは頻発しているのですね。「記録型光学ディスクは他機での互換性は保証おらず、レンズの状態、ピックアップのレーザーの出力、ディスクの状態、録画機・再生機のこれらの状況は使用頻度や使用状況でも変わる千変万化」なのだそうです。やっかいな話です。

テレビの画面が大きくなっているので、DVDよりもブルーレイのほうがきれいに再生できるのは間違いないのですが、「ブルーレイが見られません・・・」とご連絡をいただくと、とても申し訳なく残念な気持ちになります。ネットには「DVDの約6倍の容量のデータを同じ直径12センチのディスクに収めるので、それだけトラック幅は狭くなっていますし、ピットサイズも小さくなっているので、記録再生に関してはレンズの汚れ等の条件も更に厳しくなっています。」という解説がありましたが、確かにディスクの大きさが同じなのに、CD-Rは700MB、DVD-Rは4.7GB(4,700MB)、BD-Rは25GB(25,000MB)という容量の違いには驚かされますね。最近は512GB(512,000MB)のSDカードまで登場していてビックリですが、今のところ使用する気持ちにはなれません。

ブルーレイの再生問題に話を戻しますが、DVDも初期の頃は互換性の問題があったようなので、各メーカーに頑張っていただいて、ブルーレイも再生プレーヤーとメディアの互換性が高まっていくことを期待したいものです。

 

ついに私のPCも修理に・・・

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

私のこのPCは、やはり修理することになりました。基盤を交換しなければならないということで、結局OSもすべてインストールし直します。初期化されてしまうので、今使っている状態に戻せるように様々なバックアップをとっておかなければなりません。これまでもこの経験をしていますが、いつも何かをし忘れて、後で後悔することがあったように思います。使っているソフトのシリアルナンバーを解除しておくことや毎日の業務の中で積み上げてきた様々な設定やデータをエクスポートしておいて、新しいPCのソフトにインポートできるようにしておくのが一番重要でしょうか。金曜日の夜に業者さんがPCを取りに来てくれ、日曜日の夕方までに直して届けていただきます。月曜日から業務に使えるようにしたいので、明日の夕方までにぬかりなく準備しておかなけれはなりません。

昨日デザイナーさんたちとの会議を開き、新しい卒園アルバムサイトの原案ができたので、早速サイト作りに取りかかりたいところですが、それに集中してしまうと危険ですね。今日と明日は、やりかけの仕事を片付けることを第一に進め、PCが新しくなっても慌てることのないようにしておきたいと思います。それにしてもここ数ヶ月、PCにものすごくお金がかかっています。しかしPCなしでは仕事ができないですし、1ヵ月分の給料で5年働いてくれると考えれば安いものなのだと前向きに考えて、今回こそ、後悔しない準備をしておきましょう。

カメラマンさんへの連絡と心配り

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日は、朝から私のPCの調子がおかしく、他のPCでこのブログを書いています。2012年7月に今の事務所に引っ越しましたが、その前の事務所でも使っていたPCがここへきてことごとく不調になり、順番に修理をしてきました。仕方ないこととは言え、お金が次々にかかるので、私のPCが一番危ないと言われつつも、「いけるところまで使い続けよう、あと1年もってくれ~」という気持ちでいました。ところがここ1週間くらい、突然の再起動を繰り返し、私なりにいろいろ調整していましたが、今朝はエラー表示からなかなか立ち上がらなくなり、やむなく業者に連絡しました。

しばらくすると私のPCがどうにか起動したので、今は自分のPCで書いています。でもきっといろいろ交換しなければならず、またお金がかかるのでしょう。(涙)

前置きが長くなりましたが、今日書こうと思っていたのは、カメラマンさんとの連絡に関することです。スケジュール登録や日々の連絡事項、撮影画像のアップロードなどを行えるシステムをカメラマンさんに使い始めていただいていますが、昨日もカメラマンさんから意見をいただきました。内容については省略しますが、実際に本人と話してみるとそのカメラマンさんが不安に(不満に)思っているのは、システム自体のことではなく、システムを通じてメッセージを送る場合の「心配りのなさ」ということだと思いました。

スタッフとカメラマンの作業効率があがり、より仕事をしやすくしたいと思って開発しているシステムですが、効果を実感できるようになるためには、運用する側の課題が大きいということでしょう。今日は朝のミーティングでカメラマン撮影を担当しているスタッフと、少しでも話し合う時間を取りたいと思います。