2016 1月

ふぉとすてっぷ|社長のブログ

お客様と同じ方向を見る

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

スタッフがお客様と電話やメールでの対応内容について、昨日の夕方少しの時間ですが話し合うことができました。商品やサービスの価格に関わること、作業の手間が増えることなどは、その場で決められないのでひとまず「検討させてください」となるのですが、対応の内容を聞いていると「どうしてそうなるかな?」と思ってしまうこともいろいろ出てきます。若いスタッフにしてみれば、お客様に悪い印象を与えないように、会社に不利益をもたらさないようにと、必死で考えながら対応しているのは伝わってきますが、スムーズにいかずギクシャクするような感じが多いのです。

そんなことを話し合っているときに、以前スタッフ全員で見たNHK「プロフェッショナル」の話になりました。その内容は以前の記事「NHK プロフェッショナル|もてなしの心、どこまでも」でも紹介していますが、ホテルのコンシェルジュをされている阿部佳さんが、常に心がけていることとして紹介されていたのが「お客様と向き合うのではない。同じ方向を見る。」というものでした。そのことを思い出して、まさにこれだなと思いました。

今、ご相談いただくことの一つに「卒園式の撮影」があります。お子さまの記念すべき卒園式ですから、プロのカメラマンが入れば、保護者の方は写真撮影は気にせず安心して式に参加できます。しかし卒園児が20名に満たない保育園はたくさんありますので、カメラマンを派遣しても、通常どおりの希望販売ではなかなか採算が合わないのが弊社の悩みとなります。そこをどうにか解決して撮影に伺えるようにしたいので、いろいろご相談が必要になるのですが、説得したり、言いくるめたり、あるいは仕方なく引き受けたりするのではなく、お客様と同じ方向を見てどうするかを考えられたら、金額面での結論は変わらなくても、そのお客様との関係は一つ深まっていくのではないでしょうか。

ホームページリニューアルしました!

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日、無事にホームページのリニューアルができました。限られた時間内での作業だったので、とりあえずお客様にご不便をおかけしないように、日頃使っていただいているサービスへのリンクや各種お問い合わせフォームは正しく動くようにしたつもりです。これから少しずつ手を加えていって、見やすく使いやすいサイトにしていきたいと思います。

振り返ってみると、前回ホームページをリニューアルしたのは2014年7月でした。この時は「すてっぷBOX」をオープンするタイミングでホームページを作り直したのですが、今回も同じく「ふぉとすてっぷSelf」のオープンと合わせてのリニューアルとなりました。これまでのホームページは写真を閲覧・購入するための「マイページ入口」のボタンが目立たなかったり、お客様からよくお問い合わせをいただく事例に関連する記事をその都度紹介しているうちに、見た目にもかなりゴチャゴチャしてきた感があったので、今回のリニューアルでは「すっきり感」に気を配ったつもりです。トップページはサイドバーをなくしてシンプルなデザインにしました。

スマホでご覧になっていただくと、トップページだけはスマホ専用のデザインになっています。専用デザインといっても書いてあることや色使い、画像などは同じなので、言われなければわからないと思いますが、制作者としてはスマホサイトも見やすくなったのではないかと思っているので、気づいていただけるようにあえて宣伝させていただきます。

今日、「ふぉとすてっぷSelf」の写真をプリントと発送してもらう会社さんと最終的な打ち合わせをします。これでまもなくご依頼を受けられる状態にできると思いますが、お問い合わせや資料請求にはすでに応じておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいますとありがたいです。

今日はホームページのリニューアル作業に取りかかります

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

新サービスとして準備している「ふぉとすてっぷSelf」もサイトの準備はほぼ完了し、残すはプリント・発送業務の最終確認だけなので、今日は「ふぉとすてっぷSelf」のサイトも皆さまに公開し、合わせてホームページのリニューアルをしてしまおうと決意して出社しました。この後、ホームページにアクセスしていただくと「メンテナンス中」の表示になりますが、写真閲覧・購入を始め、卒園アルバム、すてっぷBOX、すてっぷCafe、この社長ブログもすべて通常通り閲覧できます。

今日の作業時間は6時間ほど確保していますが、この6時間でリニューアルサイトが無事公開できるように頑張りたいと思います。

システム化と人間の仕事

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

このところ、いつも考えている問題があります。世の中がどんどん変化していって、サービスの形態もシステム化が進んでいけば、人間の仕事はどうなるのかということです。技術の進歩を一般論として考えていたときは、いずれ人間の仕事がなくなってしまって、ますます格差社会が進むのでは?というように漠然と思っていましたが、もっと具体的に「ふぉとすてっぷ」の業務状況と重ねて考えていくと、システムでできる仕事はシステムで完結するようにして、人間はもっと高度な仕事をするようになっていく必要があると思うようになりました。

ならばどうしていくのかというと簡単ではないし、投資には金がかかるので、気楽に口に出せることではないのですが、それでも考え続け、研究していかなければならないと痛感しています。

今、保育園、幼稚園へのアンケートをお願いしていますが、すぐに提出してくれたアンケートに次のような内容がありました。園撮影の写真を販売する場合は、園が販売したい写真を選別した上で弊社にお預けいただくことになっています。その園も「園のミスなのですが」とわざわざ前置きしてくださっていますが、一見して販売にはふさわしくない写真がそのままアップされていたことがあったので、ふぉとすてっぷさんでもチェックしてくださるとありがたいという内容が書かれていました。

弊社はお預りした写真をスタッフがレタッチし見本を作っていますので、そのスタッフのフィルターをその写真はくぐりぬけてしまったことになります。本来は人が写真を判断しているのですから機械より心配りができる!と胸を張りたいところですが、処理しなければならない画像数が大量にあり、一日中PCに向かっている過酷な条件の中では「見逃し」も起こってしまうのだろうと思います。

これはあくまで一例ですが、人は機械のようには働けないので、人と機械が上手に分業して、人の能力がより効果的に発揮されるシステムを考えていかなければならないと思うのです。朝のブログで気軽に書ける内容ではないのですが、このテーマは引き続き考えていかなければなりません。

 

寒いですね~

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

土曜日の夜に降雪の予報が出ていましたが、この近辺はほとんど降らずに済み、日曜日に予定されていたスポーツクラブの「いちご狩り」も無事に開催されました。バス3台で行く人気行事でカメラマンも3人で伺うことにしていたので、楽しみにしていた子どもたちはもちろんのこと、我々も中止にならずホッとしました。

それにしても西日本は大寒波の襲来で記録的な大雪に見舞われています。奄美大島では115年ぶりの雪だそうです。今回は関東地方は北部でもそれほどの大雪にならなかったようですが、寒さは強烈ですね。弊社も従業員のお子さんが昨夜から高熱を出していると連絡が入りました。今朝、会社に来てみると外に比べれば室内はまだ温かさが残っている感じがしましたが、時計についている湿度計が「L0%」という表示になっていてビックリ。そんな表示は始めて見たので、壊れたのかと心配しましたが湿度が表示できないくらい乾燥しているということでしょう。

寒さが厳しくなってインフルエンザもいよいよ流行しそうですから、社内の環境は気をつけないといけません。今朝から2台の加湿器をフル回転していますが、先ほどの時計の湿度計は21%を表示しています。加湿器の表示は45%なので、どちらが正しいのかわかりませんが、いずれにしても加湿を怠らず従業員が風邪をひかないように気をつけたいと思います。

雪は降らないで!

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日は先日の大雪で延期になった進級写真撮影があり、8:00には出発することになっています。今日のお天気は問題なさそうですが、明日の土曜日はまた心配な予報になっていますね。子どもたちには申し訳ないですが雪は勘弁してほしいとつくづく思います。先日の大雪の日も田園都市線(新玉川線)などは電車に乗れない人たちが道路にまであふれ、大変なことになっていたようです。どうか雪ではなく雨になりますように願うばかりです。

昨日は予定通り保育園、幼稚園へのアンケート用紙を作ることができました。各園毎に担当者の顔写真を入れてプリントするため、1枚ずつの出力で夕方までかかってしまいましたが、今日に持ち越さずに済みました。配達と合わせて直接お届けしたりご郵送したりと、園によってお届け方法は異なりますが、何卒ご協力をお願いいたします。

保育園、幼稚園へのアンケート

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

現在、弊社のホームページには、昨年、お客様の保育園、幼稚園にお願いしたアンケートの内容を掲載しています。昨年、初めて試みたのですが、温かいお言葉もたくさんいただき、大きな励みになりました。それと同時に、ご指摘いただいた課題を解決していけるようこの1年努力してきたつもりです。

バタバタとしておりましたら、あっという間に1年が過ぎてしまいました。先日スタッフで話し合い、各園の担当者が変わったところもありますので、急ぎアンケート用紙を用意し各園にお願いしたいと思います。担当者の顔写真は先日撮影済ですし、昨日は新サービス「ふぉとすてっぷSelf」のサイト作りも進んだので、今日はアンケート用紙を作ってしまいたいと思います。

スタッフ全員、日々真剣に仕事に取り組んでおりますが、その業務を通して成長、改善できていることがどれくらいあるのかを確認することはとても大切な取り組みだと思っています。今年のアンケートで現在の課題はもちろんですが、会社の成長変化も発見できることを期待して、アンケート用紙を作りたいと思います。

 

Windows10へのアップグレードについて

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

最近ではスマホやタブレットに押され、PCが売れなくなっているそうですが、弊社はPCなしでは仕事ができません。弊社のPCはすべてWindowsで現在のOSはWindows7です。Windows10にアップグレードした方も増えていると思いますが、これまでPCを管理している業者さんとも相談しながら様子を見ていました。弊社で使用しているいろいろなソフトがWindows10に対応していることが確認できたら、どこかのタイミングでまとめてアップグレードしましょうということになっていましたが、昨日大変ショックな事実が判明してしまいました。

それは弊社が使っているEIZO製のPCモニターがWindows10に対応していないことが分かったのです。正確に言うとモニターが使えないわけではなく、プリントする写真の色とプリンターの画面の色を合わせるためのキャブレーションソフトがWindows10に対応していないため、もし会社のPCをすべてWindows10にアップグレードすると9台のEIZO製PCモニターを新しく購入しなければならないことになります。そんなことはもちろん不可能なので、とりあえず事務スタッフのPCだけWindows10にアップグレードして、写真のレタッチ作業をするPCはWindows7のままでいくことにしました。

あえて楽天的に考えれば、Windows7のサポートが終了するまでにはまだ時間があるはずなので、それまでに会社の規模が大きくなり、9台のEIZO製モニターを事務スタッフ用のPCで使用できるようになればいいのでしょう。(笑) 今から悩んでも仕方ないので、使用されないPCモニターが出てくることがないように会社の発展に力を注ぐことにしましょう!

プロフェッショナル|主婦のリアルが、ヒットを生む

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日の進級写真撮影は結果的に延期になりました。大通りを選択して現地に向かいましたが、246号線の渋滞にはまり、保育園と連絡を取ったところ欠席児童も多いということで日程を変えることにしました。何とも読みが甘いというか、お恥ずかしい結末となりました。

それにしても今朝はものすごい風で極寒の朝でした。これは大変な一日になりそうだと心配しましたが、7:00を過ぎお日様があがってくると風も収まってきました。気温が低めなので歩道の氷は溶けきらないと思いますが、今日の配達業務はノーマルタイヤの営業車でも大丈夫でしょうか。くれぐれも安全運転を心がけるよう伝えなければなりません。

今日は話がコロコロ変って申し訳ありませんが、ここからが本題です。昨日のNHK『プロフェッショナル』は良かったですね~。私は存じ上げませんでしたが、主婦に人気の「VERY」という雑誌があります。その編集長の今尾朝子さんが昨日の主役で、その仕事ぶりにいたく感動してしまいました。読者を惹きつけ、しかも飽きられない誌面を毎月作り続ける作業はとても大変なことでしょう。今の自分のままで仕事をし続けたらすり減ってしまうし、すぐに読者に見抜かれるはずです。魅力的な企画を立て、読者に支持される誌面を毎回作り出していく今尾さんをはじめとしたスタッフの方々の仕事ぶりがとてもカッコよかった。今尾さんのもとで働く編集者は13名いるそうで「ふぉとすてっぷ」と同じ規模ですが、素晴らしいリーダーですね。私はその考え方や姿勢を少しでもマネしたいものです。

以前も一度やりましたが、この番組もスタッフみんなで観る時間を作りたいと思います。「ふぉとすてっぷ」は女性が多い職場なので、きっと共感したり刺激を受ける人もいると思います。

番組内容を上手に伝えるのが難しいので、NHKのホームページから引用しておきます。

リアルの半歩先を見せる

出版不況の中、付録もつけずに売り上げを伸ばし、全女性ファッション誌ナンバー1にのし上がった雑誌「VERY」。この成功の立役者が編集長の今尾だ。企 画の採択から原稿、写真選びに至るまですべての行程に関わり判断を下す。中でも腕の見せ所は、雑誌の目玉となる特集とタイトル。その善し悪しが雑誌の売れ 行きを左右するという。
たとえば昨年一番のヒットとなったのは『スーパーマーケットで浮かない秋のオシャレ』という特集。ファッション誌で王道のよそいきの洋服ではなく、あえて “スーパーマーケット”という主婦にとって身近な場所でのオシャレに着目。すぐに真似できるファッションから少し背伸びした憧れの姿までを提案し、読者か ら大反響を得た。
今尾はこう語る。「単なる実用だったらつまらないじゃないですか。主婦の日常って基本ルーティンだし、毎日の同じ事を繰り返しているけど、その中に幸せな瞬間があったりっていうのをできるだけ我々はドラマティックにビジュアル化してお届けしたい」

読者である主婦にとって、リアルで役に立つ情報を紹介するだけでなく、その半歩先の“憧れ”をスパイスとして盛り込むことで、主婦の毎日を応援するというのが今尾の基本姿勢だ。

分かったつもりが、一番危ない

編集長として13名の編集者をまとめ上げる今尾。普段は物静かで穏やかなリーダーだが、編集者たちの読者と向き合う姿勢が生半可なものであると感じれば厳しく指導する。
それは、読者が今何を考え、何に興味を持ち、何を望んでいるのかを常に更新し続けなければ、雑誌はどんどんつまらなくなってしまうという確信があるからだという。

「分かっているつもりになることが一番危ないっていうか。読者の方は、毎日いろんな事に刺激を受けて進化されているので、(雑誌を)作っている人達が決めつけるのが一番危険。情報が更新されていないと自分からだすプランも必然的におもしろくない。」

この考えのもと、すべての企画において最も重きを置いているのが、読者調査と呼ぶ取材だ。アンケートや座談会など大勢を対象にしたものではなく、今尾をは じめ、編集部員達が街ですてきな女性を見つけては声をかけ、直接話を聞き込むというスタイル。こうすることで、表面的な言葉ではなく読者たちの本音をあぶ り出し、誌面に落とし込むことができる。この地道な活動こそが他誌とは一線を画すリアルな誌面作りを可能にしていると言う。

私が答えじゃない だから、新しい

雑誌作りのあらゆる局面で的確な判断を下し、毎月数百ページにも及ぶ雑誌を発行し続ける今尾。売り上げトップを背負う編集長として、雑誌のクオリティーを 保つことは容易なことではない。しかし今尾は意外にも、誌面の写真選びやデザインについて最後は担当編集者達にその答えを決めさせるという。

「編集長とはいえ、私の考え一つで作ったら何もおもしろくないと思っていて。それぞれの編集者がしっかりとおもしろいと思うものを捕まえて、これが私の意 見であるって言ってもらわないと判断できないし。その情熱がないと、伝えたい気持ちがあふれていなかったら役に立たないと思うので。私の考えや意見のすべ てが雑誌ではないということがすごい大事なことだと思っているんです」

すべての編集者達の「これを伝えたい」という気持ちがあふれてこそ、雑誌はおもしろく、そして新しくあり続ける。それが今尾の編集長としての指針だ。

リスクマネジメント

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

先週の金曜日、土曜日、そして今日と、保育園の進級写真撮影が続いています。今日は新サービス「ふぉとすてっぷSelf」の写真のプリント、発送を委託する会社と打ち合わせも入れていますので、忙しい一日になりそうです。午前中の進級写真撮影はカメラマンの吉田さんと一緒に出かけますが、彼女にも場数を踏んで引き出しを増やして欲しいと願っているので、私も役割を果たさなければなりません。

話は変りますが、先週の金曜日、私のPCでWindows Updateを実行したところ、いきなりPCが起動しなくなるという事態に見舞われました。いつも当たり前にしていることをしただけなのに突然見舞われる不具合にはホトホト参りました。結果、金曜日中には解決できず、土曜日にプロにメンテナンスをしてもらって無事に復旧しました。誰でもそうだと思いますが、PCを立ち上げてからが仕事の始まりでしょう。まさか起動するためにこんなに苦労し、しかも自力で復旧できない事態にまで陥るとは思ってもいませんでした。そして万が一にもWindowsを入れ直さなければならない事態になったら、様々なソフトを改めてインストールし、設定も最初からやり直さなければなりません。そんなことになったら大ごとなので、本当に肝を冷やしてしまいました。

私のPCはRAID(レイド)を組んでいます。RAIDとは簡単に言えば、常に2つのハードディスクに同じ内容を記録していく仕組みです。Windows Updateの際にCドライブのハードディスクでエラーが発生したものの、もう一つのハードディスクが無事だったので、そのハードディスクからエラーが発生したハードディスクを再構築することで今回のトラブルを解決できました。データのバックアップ等も同じ事ですが、このような手立ては何かあったときに本当に大切なんだなと改めて認識させられた次第です。リスクマネジメントは、我々零細業者にとっても大事なのだということを考えさせられた出来事でした。

それにしても今日の雪には参りました。宮前区の保育園に行くので坂道を走らなければなりませんが会社の車はノーマルタイヤです。もう雨になっているので、広い道を行けばたどり着けるとは思いますが、リスクマネジメントがまだまだ不十分だということですね。