2015 12月

ふぉとすてっぷ|社長のブログ

今日が仕事納めです!1年間ありがとうございました。

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日は弊社も仕事納めです。運動会シーズンに突入してから、今年も写真販売作業が遅れてしまいました。園撮影の写真だけを扱っている園に関しては、先生方は計画的に写真を撮っていらっしゃるのに、弊社の都合で販売が遅れるのは申し訳ないということで、それらの写真はほぼ順調に販売できました。この点は昨年より進歩しましたが、カメラマンが撮影した写真については、昨年同様とてもお待たせしています。写真はできるだけきれいに仕上げて販売しようと取り組んでいますが、その分販売開始までに時間がかかってしまいます。本当に申し訳ありません。1月は比較的行事が少ないので、11月~12月の写真をゆっくりご覧いただいて、ご購入いただけますとありがたいと思っております。

まだまだ行き届かない部分もございますが、それでも2015年の業務を本日終えることになります。今日は朝から受注処理、写真レタッチ、配達に全力で取り組んで、午後からは大掃除、そして夜は忘年会というスケジュールです。他の会社さんはもっと早く忘年会を開くのかもしれませんが、弊社はギリギリまで仕事をして、最後の最後に忘年会というのが恒例になっています。

今日の大掃除に先駆けて、26日(土)の午後、営業車の洗車、ワックスがけを行いました。けっこうキズだらけの状態ですが、それでもかなり綺麗になったと思います。ホイールカバーもクレンザーとタワシでゴシゴシと磨いたら真っ黒な油汚れも落ちました!。全部私がやるのも悔しいので、大掃除では運転するカメラマンに社内を掃除してもらおうと思います(笑)。

写真で車のナンバーが見えますが「1410」です。語呂合わせでこのナンバーにしたのですがわかりますか?答えは1月1日に発表します。

IMG_1143

 

朝の音読、続けています!

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

以前にも書いたことがありますが、弊社では朝のミーティングの時間に本を音読する時間を設けています。毎日、見出しごとの2~3ページを読んでいくのですが、毎日続けていくことが大事と思い、取り組んできました。

今読んでいるのは、法政大学教授の坂本光司さんが書かれた『日本でいちばん大切にしたい会社』という本です。現在、1~4まで4冊発行されているのですが、まもなく『日本でいちばん大切にしたい会社3』を読み終えます。次をどうしようかと考えたのですが、せっかく1~3まで読んだので『日本でいちばん大切にしたい会社4』にすることにしました。これまでは、一度私が読んだ本から選んでいましたが、今回は取り寄せたばかりで私も皆といっしょに初めて読むことになります。今回もきっとすばらしい5つの会社が紹介されているようですが、どんな本なのか皆さまに少し伝わるように、目次を紹介しておきます。

・プロローグ
会社にとって「いちばん大切なこと」

・大切にしたい会社1
衰退するせんべい業界でトップを独走する「ぬくもりの経営」の会社
株式会社小松製菓(岩手県二戸市)

・大切にしたい会社2
「幸せ日本一」をめざして四世代から愛される、笑顔いっぱいのレストラン
株式会社板東太郎(茨城県古河市)

・大切にしたい会社3
限りない優しさがあるからみんなが嬉々として働くランドセルメーカー
株式会社協和(東京都千代田区)

・大切にしたい会社4
たった1個の注文にも応える町工場魂が日本のモノづくりを支える

東海バネ株式会社(大阪府大阪市)

・大切にしたい会社5
逆に健常者が差別される!? 障がい者雇用率102.6%の奇跡の株式会社
株式会社障がい者つくし更正会(福岡県大野城市)

IMG_1140

メリークリスマス!!

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日と明日は「クリスマス会」の撮影が目白押し。先生方が趣向を凝らして楽しいイベントを作られるのだと思います。子どもたちはサンタさんからのプレゼントを楽しみにしていると思いますが、そのイベントの様子がいきいきと伝わる写真を撮れるよう、カメラマンの皆さまには頑張ってきてもらいたいものです。

私たちの仕事は、撮影した写真を保護者の方々が買ってくださることで成り立っていますが、特に保育園の場合は、園でのわが子の様子が多くの写真から垣間見られることも大事なことだと思っています。インターネット閲覧ならば枚数が多くても結構見ていかれるので、本心はたくさん買っていただきたいのですが、わが子が映っていない写真も眺めていくだけで楽しいのではないでしょうか。

今夜は皆さまのご家庭でもクリスマス会が開かれ、子どもたちは大好きなケーキを食べられるのでしょう。忙しいパパたちも、今朝は「パパ、早く帰ってきてね」と見送られたのかもしれませんね。私事ですが、もう大きくなった我が家の子どもたちも何故か今晩は外での約束がないらしく(笑)、我が家でクリスマス会が開かれるらしいです。私はケーキよりお酒ですが、今日の仕事をすっきり終わらせて、少しでも早く帰れるよう頑張りたいと思います。

課題が見えたスタッフ面談

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日のスタッフ面談は無事に全員行うことができました。きっちり30分ずつ時間に気をつけながら進めましたが、ゴールが見えた終盤の3人で気が緩み、17:00終了予定が19:00までかかってしまいましたが。

本当にスタッフには恵まれています。皆、それぞれに課題を持ちながら努力していて、来年も皆で頑張っていけると確信しました。その一方で、もっと進めていかなければならない課題がいろいろ明確にもなりました。毎日バタバタとしている中で、手が付けられないままになっている課題です。

一つだけ挙げてみると、契約カメラマンとの関係があります。「ふぉとすてっぷ」では年度初めに園の年間行事を伺って、ある程度同じカメラマンが撮影に伺えるようにしていますが、園の行事日程が変更になったり、時には中止になったりすると、契約カメラマンの予定していた仕事が急になくなってご迷惑をかけてしまいます。その穴埋めは別の仕事でさせていただくように努力していますが、日頃から契約カメラマンとの信頼関係も丁寧に作っていくことと合わせて、いい意味での「カメラマンの評価」をしていく仕組みを構築する必要があるのでしょう。先日から行っている社員の「職業能力評価」と考え方は同じですが、「しっかりいい仕事をしてくださるカメラマンが報われる仕組み」です。

このことに限らず、弊社はアバウトな感じで進めていることがまだまだあるのが実情で、一つひとつ忙しさにかまけないで進めていけるよう、私は役割を果たしていかなければなりません。また気が重い、いやいや気が引き締まる思いで来年に向けて進んでいきます。今日も半日以上、配達、回収業務になると思うので、考える時間はたくさんとれるでしょう。

 

スタッフ面談

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日はスタッフ面談を行うことにしています。これまでも年に1~2回、日を決めて行ってきましたが、お陰さまで人数も増えているので、今日1日で全員の面談ができるかどうかやってみないとわかりません。計算上は一人あたり30分として午前中に4人、午後に8人ということになりますが、そう計算通りにはいかないでしょう。

それよりもじっくりと話ができる機会はなかなかとれないので、皆の話をよく聞きながら、有意義な時間となるように頑張らないといけません。皆が日頃思ったり考えていることから、私も会社をより良くしていくために取り組まなければならないことが見つかるはずですし、「会社は人」ですから、今後の会社の成長も皆の考え方にかかってくるわけです。楽しみであると同時に緊張する一日になりそうです。

いよいよ今年もラストスパートです

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

お陰さまで忙しい毎日を過ごしております。もし今の時期に忙しくなかったら弊社も大変なのですが、どうして年末は忙しくなるのでしょうね。弊社の場合は今の時期の仕事量が多いということがありますが、年末の仕事納めの日が決まっていて、来年に回さずに年内にすっきりと終わらせて新年を迎えようと多くの方々が考えるからでしょう。

今日も配達・集金に回りますが、どこまで年内に写真をお届けできるか計画を立てなければなりません。また、まだまだお待たせしている状況が続く写真見本は、今の販売状況を考慮しながら、できるだけ何も販売していない園が少なくなるようにしたいと思っています。秋に行事が多くたくさん撮影した園は、来年の販売にまわす写真も出てくることになりますがその点はご了承ください。それらの園も1月は比較的行事が少ないので、11月、12月の行事の写真を1月に閲覧購入していただくことになります。

私が抱えている仕事もいろいろありますが、昨日収録したビデオ(明日も系列の幼稚園で同じ行事がありビデオを撮ります)は年内に編集してしまいたいと昨日のブログに書きました。ところがカレンダーをよく見ていると、来週は23日が祝日で4日しかなく、28日が仕事納めで会社の大掃除もしますので、本当に時間がないことがわかります。年内の配達・集金は私がするつもりですので、本当に時間を大切にして頑張らないといけません。

皆さまも忙しい年末ですがお体に気をつけ、パパたちは暴飲暴食しないように(自分に言い聞かせています)、気持ちよくラストスパートをかけましょう。

ビデオ撮影が無事終了!

皆さま、こんにちわ。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日は、朝から年に1回のビデオ収録(キリストの生誕劇)でした。もう何年も続けて撮影しているため、挿入歌やストーリーも覚えています。その点では気が楽な部分もあるのですが、専門業者に委託するようになってからは、ビデオ撮影をする機会がほとんどなくなったので、とても緊張します。今日は3台のカメラで収録したのですが、それぞれのカメラでどの子たちを撮るかを瞬時に判断しなければならないのが大変ですね。瞬間を切り取る写真とはまったく別物だとつくづく思います。

来年の1月は「ふぉとすてっぷSelf」オープンに向けての最終チェック等々、やりきらなければならない仕事が多いので、このビデオは年内に編集して完成させようと思っています。今日も会社に戻ってきたら細々した仕事が貯まっていたので、今日やるべきことをリストしました。ビデオの取り込みもしながら、一つひとつ、仕事を片づけていきたいと思います。

トラブル続出の一日

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

と、いつも同じようなご挨拶でこのブログを書き始めるのですが、今日は「皆さま、こんばんわ」と言わなければなりません。そうなってしまった理由は、朝会社に来てこのブログを書こうとしたときにインターネットがつながらなかったことです。もう12時間も前の出来事です。それで、今日は一日中復旧作業に追われてしまいました。

実はまだ作業中なのですが、悔しいので今日の一日を振り返ってみようと思います。

①朝、いつものように出勤してこのブログを書くためにPCに向かいました。ところがインターネットに接続できません。

②ルーターを再起動してみたがつながる気配がありません。そして電話の回線ランプがすべて点灯していることに気づきます。電話もつながっていないのでした。

③9時になるのを待ってサポートに連絡し、復旧作業開始。原因はNTT設備の故障と判明し、電話は10時30分頃つながるようになりました。しかしインターネットはまだつながらない。

④ルーターの設定をやり直し、お昼頃にはやっとインターネットもつながりました。この時点では「やれやれ、半日つぶれてしまったな」と悔やみつつも一安心しておりました。

⑤午後の仕事が始まると、またまた問題が発覚。今度はプリンターが動かない。IPアドレスが変ってしまっていることが原因でした。プリンターのIPアドレスを再設定し、PCのプリンター設定を1台ずつ直していきました。

⑥すべてのPCの設定を変更するのは皆が帰ってからだなとあきらめて、自分の仕事をしようとすると、今度はFAXがサーバーに転送されていないことが判明。そっちもかと愕然とする。

⑦サーバーの設定についてはとうとう富士ゼロックスさんの技術者にも来ていただき、夜までかかりましたが丁寧にメンテナンスをしていただきました。富士ゼロックスさん、ありがとうございました。

⑧そして今、このブログを書き終えたら、あと3台のPCのプリンター設定をして終了です。

明日は朝からビデオの撮影で出かけます。ふぉとすてっぷの初期の頃は、頼まれた仕事は何とかやりきろうと、ビデオの収録と編集も私が行っていました。依頼が増えてとてもやりきれなくなり、今は専門業者と提携しております。年に1回だけ、教会系の幼稚園と保育園の「ページェント(生誕劇)」の撮影を行っているのですが、キャスト紹介のスライドショーを作ったり、ちょっと手の込んだ作り方をしたために、今もこの仕事だけは専門業者にお願いしないで、私がやらせていただいています。年に1回くらいビデオ編集の仕事もしないと、編集ソフトの使い方も忘れてしまうので、かえっていいかなと。

ということで、明日も朝から現場に入ります。そういう時は、前日のうちにこのブログを書いておいて翌朝公開されるようにしていたのですが、今日はその元気がありません。明日も「皆さま、こんばんわ」になると思います。

 

ホームページのリニューアル

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日は配達に出かけずに会社で仕事ができました。そういう日に限ってホームページで思わぬアクシデントが起こり、サーバーにデータをアップし直したりする作業が必要になりました。その間、1時間弱だったと思いますが、ホームページの表示が不十分だったり、アクセスできない時間がありました。修正したデータのアップロードが終了すれば問題は解決するはずだという確信はあっても、「これでうまくいかなかったらいよいよまずいぞ」という気持ちも少しあり、他の仕事をしながらも落ち着かない時間を過ごしました。結果としては修正が成功し、正しい表示に戻りましたが、運用中のホームページを触る時はもう少し気をつけないといけないですね。

そんなハプニングもありましたが、一日会社にいられるとそれなりに仕事が進んで気持ちのいいものです。先日、急に具合が悪くなってしまったカメラマンのピンチヒッターで「スケート教室」の撮影に行きましたが、スタッフも猛烈に忙しいので、自分で少しずつレタッチを進めていました。昨日はようやくその作業が終わり、一つ気が楽になりました。

今日は配達・回収に出かけるのであまり時間が取れませんが、昨日ホームページの作業をしたせいか、サイトをリニューアルしたい衝動に駆られています。実は準備が大詰めになっている「ふぉとすてっぷSelf」のサイトオープンと合わせて、現在のふぉとすてっぷのホームページのリニューアルも進めています。新サービス「ふぉとすてっぷSelf」は、プリント工場との調整が済めばオープンできるのですが、年賀状プリントが一番忙しい時期のために最終調整は年明けになってしまいそうで、そのためにホームページのリニューアルも止めていたのでした。今朝も寝ながら考えていて(以前も書きましたが布団の中で考えるのは大好きです)「ふぉとすてっぷSelfはまもなくオープン!」ということで紹介・宣伝をしておくとして、ホームページを先にリニューアルしてしまってもいいかなと思いました。

弊社のホームページは私の手作りなので、どこか洗練されていないというか、野暮ったいところがあります。特に「ふぉとすてっぷ」のトップページは、お客様からいただくいろいろな質問やお困り事などに答える記事を追加で載せていくうちに、かなりゴチャゴチャしてきました。もう少しすっきりと整理して、デザインもちょっと洗練された感じにしたいと思って作っておりますので、もしかしたら近日中に作業する日をとってしまうかもしれません。

年末で、他にもたくさん仕事を抱えておりますので、冷静に考えなければならないのですが、いつものように後先考えずに「エイ!」とやってしまおうという衝動が押さえきれるかどうか、そこにかかっていると思います。

とある会社の物語 第2話

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

ほんの思いつきで第1話を書いてしまったので、今日は第2話です。

とある会社の物語 第2話

社長と専務の間で、「軽減負担率」の適用科目について連日折衝が続いている。「続いていることになっている。」というほうが正確なのだが・・・。

社長と専務の折衝といっても、夕食時の夫婦のおしゃべりだ。従業員の立ち入ることができない密室協議だから、どんなことが話し合われたかはさほど重要ではない。それよりもどれだけ多くの時間を費やしたかのほうが大事なのである。

ーー◇ーー◇ーー◇ーー◇ーー◇ーー◇ーー◇ーー◇ーー◇ーー◇ーー◇ーー

「私、ちょっと気が重いのよね。今日も貴方がいない時にスタッフからエールを送られちゃったわ。」

「それはいいことじゃないか。みんなが君を信頼しているんだから。」

「軽減負担率、期待しています。頑張って社長を説得してください。って言われても、なんて返事をしたらいいものか。心が痛むわ。」

「なんで心が痛むんだ。従業員のためを思ってやっていることだろ。」

「だって、軽減負担率って言ったって、8%の据え置きでしょう。」

「おいおい、据え置きなんていう言葉、会社で言ったらダメだぞ。何が何でも軽減と言うんだ。」

「5%とか0%になると期待している人もいるわよ。」

「いいか。ボクは一度だって5%とか、ましてや0%なんて言ったことはないぞ。」

「知っているわよ。でも8%とも言っていないでしょ。」

「そうさ。数字を言ったことはないよ。軽減というのがミソで負担率は8%なんだ。そう決まっているんだ。疑う余地はないんだ。」

「そこが心が痛むのよ。」

「いろいろ考えすぎるからいけないんだよ。物事はシンプルに。そう、シンプルイズベストさ。いいかい、こういうことだ。このままでは会社が立ちゆかない。だから消費負担率を10%にしたいとお願いした。けれども皆の反対も強かったのでひとまず8%で折り合ったんだ。そして10%にする時には君が提案した軽減負担率を導入することも約束した。ほら、約束通りに進んでいるじゃないか。何もおかしくない。」

「でも8%じゃ軽減じゃないでしょ。」

「君も頭が悪いな。10%になるはずのものが8%で済むのだから2%の軽減じゃないか。」

「何か、ごまかしているみたいで嫌だわ。」

「君、そんなことで会社の経営に責任が持てると思うのか。頼りないと思われたら負けだよ。従業員は強いリーダーを求めているのさ。自信満々に短い言葉でスパッと言い切る。それが大事なんだ。いいかい。ボクが言うことはいつもシンプルだよ。会社の未来のために協力して欲しい。軽減負担率をできるだけ多くの科目に適用したいが、そのためには財源が必要だ。財源もないのに無責任な決定はできない!。どうだ、わかりやすくていいだろ。」

「わかったわ。会社の福利厚生制度を維持するためには消費負担率10%が必要だということに立ち返ればいいのね。」

「ダメだ、ダメだ。本当に困ったものだな。会社の福利厚生制度を維持するためという説明は、消費負担率を8%にするときに散々したじゃないか。そこにわざわざ戻ることはないし、今更あらためて言わなくてもいいんだよ。今言うことは、財源がない。会社が立ちゆかない。協力して欲しい。それだけだ。何の為かなんて話はもう済んだことなのさ。それでもどうしても軽減負担率の適用科目にこだわるなら福利厚生制度の予算を削るまでだ。」

「それじゃあ、あまりに夢がないわ。みんながっかりしちゃう。」

「確かに、それは君の言うとおりかもしれないね。もう少し前向きなキャッチコピーを考えたほうがいいな。何かいい言葉はないかな。そうだ、取り戻す!取り戻すがいいじゃないか。会社の未来を取り戻す!従業員の幸せを取り戻す!これはいいね。シンプルで前向きだ。きっと従業員も気に入ってくれるはずだ。」