2015 9月

ふぉとすてっぷ|社長のブログ

入力フォームづくり|卒園アルバム制作にも生かそう!

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

現在、新規事業の準備で日々、WEBサイトづくりに励んでいます。他の仕事と並行して進めていると、少し時間をあけてから見直したりするため、「やっぱりこのほうがいいな」と考えが変わったりして、ちょこちょこいじり回してなかなか進まないところもあり、困ったものです。

この間、様々な入力フォームを構築していますが、入力フォームがすっきりとわかりやすく作られていると、お客さまは便利だと思います。そして今朝、メールをチェックしていたところ、卒園アルバムを制作している保護者の方から、excel形式のファイルに入力して送ってもらう書類がうまくメールに添付できないで困っているという連絡が来ていました。卒園アルバム作りでは、タイトルや園児名など文字部分の入力ミスや校正漏れをなくすために、手書き原稿での入稿をなくし、主にexcel形式のファイルに必要事項を入力してもらうかたちに変えてきましたが、excelファイル以外の方法もご用意したら、お客さまは便利ではないかとひらめきました。

早速、今日デザイナーさんに相談してみようと思います。また新しいことに手をつけると仕事が進まなくなりますが、入力フォームだけなら1日あればある程度作れるのではないでしょうか。一気に改善するのは難しくても、コツコツと小さな改善を積み重ねていけば、気がつくと大きく進歩しているということは多いはずです。

先週末の運動会撮影について

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

昨日のブログで、園やカメラマンとの撮影の打ち合わせについて書きました。先の週末に行われた運動会で、昨年からの引き継ぎで気になっていた保育園の運動会がありました。この保育園は人数も多いので、カメラマンは二人体制で撮影にあたります。実は昨年の運動会の後、保護者の方からご意見をいただきました。その内容は「2列で行う親子競技でカメラマンがそれぞれの列を担当していたので、カメラマンによって撮影枚数に差があり過ぎる。前年は二人のカメラマンが前後に分かれていて、二人とも2列を撮影していたので差がなかった。」というご意見でした。

そのようなご意見をいただいていたので、今年はあらかじめカメラマンにも各列を担当しないで、二人で両列を撮影して欲しいとお願いしていたのですが、結果的には昨年同様、二人で各列を担当して撮影したと聞きました。一昨年は雨天だったので、運動会は体育館で行われました。会場が狭く、2列の間隔も近かったので両列を撮影するのは問題がなかったのですが、昨年と今年は校庭でしたので、列に近い方がいい写真が撮れるとカメラマンは判断したようです。

実際に現場で写真を撮るのはカメラマンですし、彼らはプロですから、できるだけよい写真を撮りたいと思います。そして私たち販売する側は「よい写真」で、なおかつ「まんべんなく」撮ってほしいわけです。ましてや運動会では、保護者の方々がカメラマンの様子もすべて見えるので、「あっ、今うちの子撮ってもらえたかしら?」と不安になったりすると思います。

運動会撮影はまだまだ始まったばかりです。第一の大ヤマ、10月3日(土)のお天気はいい方向に変わってきました。本当に運動会撮影は一発勝負ですから、100%完璧に撮りきるのは難しいと思いますが、カメラマンの方々には、見ている保護者の方々に「頑張っているな」と感じてもらえるようなパフォーマンスをお願いします。そのためにもカメラマンの方々が気持ちよく頑張ろうと思える打ち合わせができるように、私たちは気を配らなければなりません。

園やカメラマンとの撮影の打ち合わせ

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

この週末に予定されていた運動会や遠足等の行事は、すべて無事に実施されました。今シーズン最初の運動会撮影というカメラマンもいたので、そのカメラマンさんには朝の連絡の際に事細かい指示を出してしまいました。ご本人は「大丈夫ですよ」という気持ちだったと思いますが、運動会撮影は頭も体力もフルに使って撮りまくるので、カメラマンの皆さまには本当に頑張ってもらわなければなりません。

撮影の内容については、弊社の社員カメラマンが園や保護者と連絡を取り、内容を撮影に伺うカメラマンに伝える仕事をしています。運動会の場合はプログラムをいただいて詳細や注意事項をカメラマンに伝えるのですが、そのやりとりをしているメールを見ていて、少し気になることがあったので会議を持ちました。

運動会の内容をできるだけ細かくつかんでカメラマンに伝えたいという気持ちはわかりますが、仕事中に電話を受ける先生方の状況も考えなければなりませんし、保護者会主体の場合は保護者に連絡していますが、直接園に聞けばわかることまですべて保護者の担当者にお願いしていたりすることもありました。カメラマンに対しての連絡も同じです。お願いしているカメラマンの経験値や日頃の仕事ぶりを考えて、大事なことをわかりやすく伝えるということも必要でしょう。

日頃の仕事ぶりをしっかり把握して指導していくために、私はもっと神経を配らないといけないと反省しました。社員カメラマン同士ももっとお互いのことを気にし合って、わからない、あるいは自信のないことを一人で抱え込んだりせず、すぐに聞き合うようにするなど、本当に基本的なことですが一つずつ取り組んで参ります。

お天気にハラハラ、ドキドキ

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

週末の天気予報が変わりました。数日前まで25日(土)と26日(日)が「曇り時々雨」の予報でしたが、今朝の予報では25日(土)が「曇り」、27日(日)が「曇りのち晴れ」になりました。

いよいよ運動会シーズンになりましたので、天気予報から目が離せない日が続きます。最近は、はじめから体育館で運動会を行うことにしている園や、雨天に備えて体育館も押さえている園が多いので、仮に雨が降っても延期ににならないことが増えました。その点では私たちも本当に助かっています。それでも体育館は暗いため、天気がよく外光が入ってくれるほうが写真も撮りやすい。園児さん、保護者の皆さんと同じく、私たちもお天気に恵まれることを望んでいます。

次の週末、10/3(土)、10/4(日)の予報はまだですが、ここが第一の大ヤマです。ここを乗り切れば少し息がつけるので本当にお天気になってほしいと心から願ってやみません。

ラグビー見ましたか?|為せば成る為さねば成らぬ何事も・・・

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

皆さま、シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?連休中に行事を行う幼稚園、保育園は少ないので、全く撮影がない日もあり私ものんびりと過ごさせていただきました。この間にいただいたお問い合わせや写真のご注文は、今日一気に対応させていただきますので、何卒よろしくお願いします。

ところでラグビーのワールドカップをご覧になった方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。まったくご興味のなかった方もこれだけテレビや新聞で取り上げてくれれば、少し興味を持たれたかもしれません。私は大学時代に大学ラグビーのファンになり、もう30年も毎年秋から冬にかけてのラグビーシーズンを楽しみにしています。大学時代に注目していた選手が社会人で活躍しているので、トップリーグの試合も見るようになりました。

私自身は高校までサッカー部で、ラグビーはまったくやったことがありませんし、とてもやれる競技だとは思っていませんが、見ていて本当に熱くなります。南アフリカに逆転勝利をした瞬間はもう大変でした。それまでも涙が止まらないほど、選手たちのプレーに感動していたのに、あんな劇的な勝ち方をしてくれるのですから、大興奮の時間を過ごさせていただきました。エディー・ジョーンズヘッドコーチをはじめ、ジャパンの選手たちは本気で勝つつもりで準備していたのだと思います。ラグビーは実力差が結果に出やすく、番狂わせが起こりにくい競技です。勝つとしたらあの戦い方しかなかった、あと5分あったらまた逆転されていたかもしれないほど、本当に世界を驚かす奇跡的で感動的な勝利でした。

そして昨夜のスコットランド戦。南アフリカ戦と同じ展開に持ち込めるチャンスはあったと思いますが、残念でした。「あそこで1本決まっていたら」「あのミスがなければ」というのはスポーツに限らず、私たちの仕事にも当てはまることがあります。でも、うまくいくことばかりではないからこそ頑張れる、そう思うことにしましょう。『為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり』簡単に言えば「やればできる。できないのはやらないからだ。」ということです。その通りかもしれませんが、「言うは易く行うは難し」ですね。でも私は思考が単純なほうなので、スポーツ選手の活躍に素直に影響を受け、自分のモチベーションを上げています。

備忘録のすすめ

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日は金曜日、明日からシルバーウィークに入りますので、その間会社もお休みです。昨日までの写真のご注文はすべて本日受注処理いたしますが、今日18日(金)~23日(水)までに入ったご注文は、連休明けの24日(木)にまとめて受注処理をさせていただくことになります。

連休中はこのブログもお休みしますので、「今日はしっかり書かないと」と思って出社しました。でもテーマが定まらず、とっ散らかった内容になりそうです。

まずはタイトルの「備忘録のすすめ」ですが、弊社のホームページは私が独学で構築しています。独学というとかっこいいですが、要は素人がググりながら必死で作っているということです。実は「備忘録」や「ググる」という言葉とは「ふぉとすてっぷ」の仕事を始めてから出会いました。「備忘録」は昔からあった言葉のはずですが、それまでの人生ではまったく使ったことがなかったのです。

「備忘録」という言葉と出会ったのはインターネットでした。ホームページを作っていてわからないことが出てくると、関連するキーワードを入力してみて「ググる」のですが、たくさんの方の「備忘録」にヒットします。時にはドンピシャの回答を「備忘録」としてまとめてくれ、しかもそれをインターネット上にアップしてくれているのですから、本当にありがたい限りです。「HTML」は何となくわかってきましたが「CSS」「PHP」に話が及ぶと、ほとんどお手上げ状態になっているのが現状です。

お気づきになった方は少ないと思いますが、一昨日に卒園アルバムサイトの「簡単スピード見積り」のページで、計算ツールをアップデートしたことが原因だと思われますが、計算が正しくできなくなってしまいました。「卒園アルバムサイト」はこの間全力を注いで「デザインテンプレート」のページを公開したばかりで、アクセスが増えることを期待していた矢先だったので、この状態を放置はできないとあせりました。結果、一日がかりで計算ツールを別のものに入れ替え、体裁を整えて復旧することができました。機能は以前と変わりませんが、見やすく、使いやすくなったと自画自賛しています。

何とかなったから言えることですが、「体裁を整える」というのがとてもやっかいで、それが「CSS」いわゆるスタイルシートの記述になります。わかっている人には簡単なことでも、素人にはこれが一苦労なのです。どうしたら文字が大きくなるか、どうしたら枠が広がるか、それだけのことに数時間を費やしているので、ぜひこのブログを読んでくださった方は「簡単スピード見積り」のページを見てみてくださいませ。私も「こう書いたらこうなった」という簡単な備忘録を作り、保存しておきました。

「備忘録」を考えていてもう一つ。それは今の国会のことです。安保法案は、首相曰く「法案が成立して時間がたてば国民の理解も深まるだろう」つまり「時間がたてば国民も忘れて騒がなくなるだろう」ということのようです。私は小選挙区制が諸悪の根源だと思っていますが、政治家を志して国会議員にまでなった方には、どなたにもご自身の理想と信条があると思いたいですが、今は選挙民の目より組織上部の目の方が気になるようですね。選挙民に見放されるより党の公認を得られないほうがより痛い。少しくらい選挙民から見放されても公認さえ得られれば当選できると思っていらっしゃるのでしょう。

私も勤め人時代は上司との兼ね合いに苦労しましたので、組織で働く苦労は理解しているつもりですが、今の立場になって一番気になるのは「お客さまの声」です。これは商売人として当然だと思っています。では「政治家はどうなのよ?」と皮肉の一つも言いたくなるわけです。

今日のテーマ「備忘録」に関連させると、自分の選挙区くらいは、安保法案に「賛成した議員」「反対した議員」を「備忘録」に記録しておくべきだと思います。次回の選挙の時に「賛成した議員」「反対した議員」どちらに投票するかは一人ひとりが自分で考えるとして、今回の騒ぎがなかったことのように扱われてしまったら、それこそ私たちいい年の大人の責任だと思います。今回若者たちが行動していることはすばらしいことだと思いますし、私に何ができるわけでもないですが、忘れないようにはするつもりです。だんだん「もの忘れ」がひどくなっていることを自覚して「備忘録」に記録しておきましょう。

「データのダウンロード購入を選択された皆さまへ」

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

先日、お客さまにお送りしているメールをチェックしていたところ【データのダウンロード購入を選択された皆さまへ(再送)】という内容のメールが20通ほど送られていました。確認したところ、写真データをダウンロード方式でご注文くださった方で、まだ「すてっぷBOX」の登録が完了せず、ご購入いただいたデータをお届けできていない方への「再送メール」とのことでした。

データをダウンロード購入されるお客さまは増えておりますが、データを受け渡すために弊社の「すてっぷBOX」をご利用いただいているので、初回のみ「すてっぷBOX」のアカウントを取得していただく手続きが必要です。データのダウンロードで購入したお客様には必ずご案内をしているのですが、お忙しいのと、同時に購入した写真が届くので、購入したデータのことをお忘れになっているのかもしれません。

メールをお送りしてもお返事のないお客様には、直接お電話もさしあげますが、心当たりのある方は是非弊社にご連絡くださいますようお願いします。

 

会社のオーガスタ

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

会社に観葉植物の「オーガスタ」があります。今の場所に引っ越してきたときに工事をしてくださった業者さんが別の観葉植物をプレゼントしてくださったのですが、私たちの管理が足りなかったせいか、枯らしてしまったのでした。それで、代わりに購入したのがこの「オーガスタ」です。

こちらはもう3年以上になりますが、みるみる葉っぱが大きくなり、新芽も出てきます。写真を見ていただくとおわかりになると思いますが、かなり葉割れをしてしまっています。玄関の陽の当たる場所に置いていることが原因だと思いますが、狭い会社で動かしようがないので仕方がないのです。見にくいですが中央に新芽も出ています。

狭い玄関なので大きな荷物が届くと邪魔になるということで、もっと隅っこに追いやられそうになったこともあるのですが、葉っぱはどんどん成長するし、新しい芽はどんどん出てくるし、私としては会社も一緒に大きくなっていきたいという思いで、この場所は死守しようと思っています。

ちなみに、オーガスタの花言葉は「輝かしい未来」だそうです。

IMG_1056

「KY」について考える

皆さま、おはようございます。インターネット写真販売のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

一時期、よく「KY」という言葉を聞きました。「空気読めない奴」という意味ですよね。子どもが使っていたりすると「子どものうちから空気を読んでどうするの?」と気楽に答えていたように思いますが、大人も子どもも空気を読まないと安全に過ごせない辛い世の中かもしれません。私もどちらかというと「KY」だと思っていますが、完璧な「KY」ではありません。人の評価や細かいことは、できるだけ気にしないようにしようと努力しているというほうが合っています。

ところでそんな「KY」について興味深い記事を見つけたので紹介したいと思います。9月13日、東京新聞の『6Kライフのススメ』という渥美由喜(あつみなおき)さんが書いたコラムです。6Kとは「会社」「子育て」「家事」「介護」「看護」「子ども会」のことです。

KYが社会を良くする|突破力、突飛力、突風力

私は「KY」(空気を読まない)だと自覚している。実は自分も、という知人も多い。それぞれ個性は異なるものの、KYの人たちに共通するのは「突破力」だ。

水槽の真ん中に透明なアクリル板を挿入すると、板に何度もぶつかった魚は、板の手前で転回することを学習する。その後、板を取り除いても、板がある時のように狭い範囲で泳ぎ続け、決して板で遮られていた向こう側に行こうとはしない。

しかし、板があったことを知らない魚を一匹入れると、その魚が見えない壁を突破し、続いて皆、水槽を泳ぎ始める。KY魚は板が目に入らず、ぶつかっても学習しない。これを私は「突破力」と呼んでいる。

日本の社会や職場には、アクリル板があちこちにある。一方で、社会環境は大きく変わっている。板がなくなっていることに気づかず、狭い範囲で周回している魚の群れにKY魚が交ざると、必ず壁を突破できるはずだ。もちろん、一人の突破力なんてたかが知れている。仮に突破できなかったとしても、KYには、突飛力、突風力、とぼけた存在としての意義はある。

世間の常識に縛られない突飛なアイデアこそがイノベーション(技術革新)の源泉だ。また、無風のところに突風を巻き起こすことで、砂の下に隠された真実があらわになる。誰にも気兼ねせずに、おかしいことを「おかしい」と主張できる「KY力」は、不祥事を予防するうえで重要な役割を果たす。炭鉱には、有毒ガスの危険察知のため、カナリアを連れていった。コンプライアンスを重視する職場にとって、KYは不可欠なカナリアだ。

KYだと、あまりめげない。私は大学入学時に一年浪人、卒業時に一年留年したが、「浪漫がある人は浪人する」「一留は一流の証し」とうそぶいて、同じ環境の友人から「脳天気なおまえと話すと、なんだか元気になるよ」と言われた。個性を生かすことができれば、社会はもっと楽しく、良くなるはずだ。(ダイバーシティ・コンサルタント)

KY魚

ご注文確定ボタンの押し忘れにご注意ください

皆さま、おはようございます。保育園、幼稚園写真のふぉとすてっぷ、代表の嶋です。

今日のタイトルは「ご注文確定ボタンの押し忘れにご注意ください」です。「何を今さら・・・」という方もいらっしゃると思いますが、実は最近「注文確定ボタンを押し忘れる」方が増えています。何故今になって・・・と調べたところ、原因がわかりました。

注文確定ボタン

この画面は、私がデモサイトで注文を入れてみた画面です。使用したブラウザは、一番利用している人が多いと思われるインターネットエクスプローラーです。(写真の価格を設定していないデモサイトなので写真代は計算されていません)

右上の「ご注文確定」という緑色のボタンをクリックすれば注文完了なのですが、このボタンを押さないまま注文を終わらせてしまっている方がいることがわかりました。

勘の鋭い方は「注文が完了していないのにどうして注文確定ボタンが押されていないとわかるの?」とおっしゃるかもしれません。写真をご自宅にお送りする方法をとっている園の場合は、このミスはほとんどないはずです。あってもその方がご連絡をくださらない限り、こちらは気づきようがありません。

「注文確定ボタン」を押し忘れるケースは「園経由」で写真の申し込みを行っている園の方なのです。「園経由」の場合は、注文封筒に注文ナンバーを記入し、代金を入れて園に提出します。そして問題は、上の画像のように「枚数」の上に「ご注文NO.」が記載されていることです。先のマイページバージョンアップで密かに仕様を変更していたのですが、どうも裏目に出てしまったようです。ここに表示された「注文ナンバー」を注文封筒に記載して、注文が終了したと思ってしまうミスというわけでした。弊社が園から注文封筒を回収し、処理を進めていると、お客さまが記載している「注文ナンバー」の注文が存在しないので発見することができたのです。

マイページの次回バージョンアップでの改善事項としてリストはしましたが、当面は「ご注文確認画面」に注意書きを入れるようにしました。そのことにより「注文確定ボタンの押し忘れ」が減るかどうか、動向を見守りたいと思います。