MENU ご案内
MENU NEWSMENU 制作をはじめる前にMENU 卒園アルバム工房の使い方MENU 制作ワンポイントMENU お役立ちダウンロード
MENU モバイル用ご案内

標準仕様変更のお知らせ
メンテナンスお知らせ

卒園アルバム制作で悩む前に決めておきたい3つのこと

悩む前に

卒園アルバム係になりました!
さぁ大変。何から手をつけたらいいのでしょうとお悩みの皆さんへ

卒園アルバムは一生の思い出に残るものだから・・・と
それなりのプレッシャーをアルバム係の皆さんは感じていることでしょう。

制作を進めていく上で、いろんな悩みは出てくると思いますが、
大きなポイント3つをしっかり決めてしまえば、早く動き出すことができます。
いろいろ悩む前に次の3点を確認しましょう。

その1 ずばり予算!

すでに保護者会費として徴収している場合などは、すでに予算が決まっているはずです。
まずは1冊にかけられる予算を確認しましょう。

作る冊数によって価格は変わってきますが、
5000円~10000円程度の予算があれば、
一生残る記念アルバムですから、しっかり卒園アルバム用に製本され、
ケースに入れて保管できるタイプをお勧めします。

予算に多少の幅がもてるのであれば、
まずはいくつかの卒園アルバム業者に見積もりを依頼してみると、価格の見当がつきます。

2000~3000円くらいの予算の場合は、
ホチキス止めや無線とじなどの簡易製本を検討しましょう。

その2 納品時期を決めよう!

早速<見積もりの取り方>に進みたいところですが、見積もりを取る前にもう一つ考えておかなければならないのは、「いつ卒園アルバムを完成させるのか」ということです。

卒園アルバムの納期は基本的に(3月納品)と(5~8月納品)の2通りです。
それぞれのメリット、デメリットをあげると・・・

<3月納品のメリット>
・卒園式、もしくは在園中に手渡されるので、プレゼント感があり、寄せ書きなどもできる。
・在園中に手渡せるので楽。
<3月納品のデメリット>
・卒園式の写真を掲載できないだけでなく、入稿期日との関係で年度末の行事の写真が使えない。
・完成期日が厳密に決まるので、入稿期日までに確実に作業を進めなければならない。

<5~8月納品のメリット>
・卒園式まで在園中の写真をすべて利用できるので、記念アルバムの価値は高くなる。
・3月納品に比べて価格が安くなる場合がある。
<5~8月納品のデメリット>
・在園中に渡せないので、配布の仕方に工夫が必要。
・個別に発送する場合は別途送料がかかってしまう。

このようなメリット、デメリットを踏まえて、納期を決めましょう。

その3 作り方を考えよう!

作り方は大きく分けて3通りです。

1.パソコンソフト制作
2.切り貼り制作
3.パソコンソフト制作+切り貼り制作

各社さまざまなオプションなどを用意していますので
どんなページ構成にしたいのか、全体の構成もざっくりと決めておきましょう。

さあ、見積もりとサンプルを取り寄せよう!

予算と希望納期、作り方を考えたら、数社に見積もりやサンプルを取り寄せましょう。

<見積もりの取り方>
卒園児の人数によって制作冊数はだいたい決まるはずです。
園への寄贈分や担任の先生へのプレゼントが必要ならばその数を加えます。

仮に卒園児と寄贈分を合わせて20冊だとした場合、
一般的には16~24ページくらいの卒園アルバムが多いので、
20冊×16ページ、20冊×20ページ、20冊×24ページの3種類の見積もりを取ると
各社の料金比較もわかりやすいです。
納期が未定であれば、<3月納品>と<5~8月納品>の両方で見積もりを取っておきましょう。

「切り貼り制作」については、各社スタンスが異なります。
「切り貼り制作」を重視するなら「制作キッド」が揃っている業者のほうが作りやすいですし、
「パソコンソフト制作」を重視するなら、デザインやイラストが好みや種類の豊富さと
デザインツールの使いやすさが大事です。

各社さまざまなオプションを用意していますが、「ケース」や「送料」の扱いは要チェックです。
長期保管するものですから「ケース」は必須ですよ。

見積もりを取ったり、見本アルバムや資料を取り寄せると業者からのアプローチも増えてきますが、
必ずどこかの業者を使うのですから、遠慮は禁物。しっかり比較検討しましょう。

おまけ 卒園アルバム係の役割分担を決めましょう

保護者会で制作される場合、
「卒園アルバム係の役割を明確にする!」ことが大事です。

約1年間、制作を進めていくアルバム係なのですから
大変なこと、苦手なことがあっても、楽しくサポートしあいながら
「皆がいるから乗り越えられる!」そんな仲間意識を大切にして、
係の役割を明確にしておきましょう。

■代表者・副代表
(制作の全体の指揮、保護者への協力依頼のお知らせ、園や制作会社への連絡・調整役)
制作チーム
(どこのアルバム会社にお願いするのか、どんな方法で作るのかなど、制作に関するまとめ役)
進行管理チーム
(予算・年間の行事スケジュールや様々な進行の管理をする)

会社のしくみと同じですかね~
でも、会社と違うのは、利害関係が生まれないことです。
だからこそ、より助け合いの気遣いが大切です。

アルバム係だけの力だけではなく、園の先生や、得意な分野を持っている保護者に
随時協力を頼むことも重要なポイントです!

イラストが得意なママにイベントのタイトルを作ってもらったり、
消しゴムハンコが得意なママにかわいいハンコを作ってもらったり・・・
カメラが得意な保護者に写真撮影を頼んだり・・・・
意外に知らない特技を持っている人が隠れていたりします。

アルバム係だけで悩まず、園全体の沢山の人とのコミュニケーションをとりながら
楽しんでアルバムを制作してみてください。

きっと、楽しんで作ったアルバムは
こども達だけではなく、保護者の方も笑顔になれる卒園アルバムになることと思います。